ぐっきんのプロフィール

プロフ1

初めまして、ぐっきんです。
こんなところまで読んでくださりありがとうございます。

多分相当の変人かマニアですね。笑
いえいえ冗談です。

こんなプロフィールまで見てくれるのですから
とても優しい方なんだろうなと想像がつきます。

でも優しい方って他人に合わせがちな人が多いような気がします。
それはもしかしたら自分を出すのが怖いだけなのかもしれません。

僕は自分が優しいとは思っていませんが、
他人に合わせて長い間生きてきたような気がします。

第一章 他力から自力へ

現在僕は会社を辞めてフリーで暮らしているのですが、
つい何ヶ月か前までは会社員として働いていました。

給料は驚くほど安かったです。笑

手取り13万円です。。。

しかし、僕は全然困っていませんでした。
なぜなら会社とは別のところからの収入を得ていたからです。

その時の収入↓↓

2014-12-31 23.56.16 のコピー

当時の僕の給料の2倍ですね。笑
なので会社の給料が安いのは実はそこまで気にしていませんでした。

ただ、

「会社に依存したくないな〜」

とはずっと思っていました。

第2章 支えられっぱなしの人生

実は僕は高校生の頃に一度腎臓の病気で死にかけています。
「あと何日か遅かったら腎不全で死んでたよ」とも言われました。

その病気は完治させるのが難しい病気のようで、
僕はそれ以来その病気と付き合っていくことになりました。

だから周りの人達には本当にお世話になっていました。

家族はもちろん、
会社の人にも休みを変わってもらうことがしょっちゅうでした。

支えられっぱなしの人生。

これが本当に辛かった。。。

そもそも僕は昔から人に頼るというのが苦手でした。
だからこそ自力で生きる術を模索し続けました。

『自力で生きる』

これは僕の人生で最も大きなテーマになっている思います。

第2章 パチスロ副業時代

プロフ4

実は僕は、
親から何かを買ってもらうのが死ぬほどイヤで、
専門学生の頃にパチスロで副収入を得ていました。

そして自分の生活費は全てそれで補っていました。

「は?ああいうのって儲かるの?」

と思う方もいるかもしれませんが、
結論から言ってちゃんとやれば儲かります。

ただ、今回はその話をしたいわけではないので、
詳しく聞きたい方はメールで聞いて下さい。笑

ちなみに僕は、パチスロが好きだったというよりは、
何度も言うように親に何かを買ってもらうのが本当にイヤだったんです。笑

というより、
なるべく世話になりたくないと思っていました。
(もちろん現実的にはかなり世話になっていたわけですが)

病気のせいで散々お金を使わせていた上に
何か買ってくれなんて死んでも言いたくないと思いました。

普通にバイトしようとも思ったのですが、
バイトはなんとなく自力で稼いでいる感が少ないんですよね。

『自分のやり方や工夫次第で稼げるもの』

これが僕の中での自力の定義でした。

アホみたいな話かもしれませんが、
僕は本気でそう考えていました。

だからパチスロ副業に辿りついたわけです。

第3章 ぬるま湯につかる会社員時代

プロフ5

専門を卒業したあとは普通に就職しました。
さすがにパチスロで専業!という勇気はありませんでした。

社会経験の少なかった僕は、
ちゃんと会社に馴染めるかすごく不安でした。

しかし実際には、
驚くべき適応力で会社に溶け込んでいきました。

これは僕の強みでもあり、弱みです。
(良くも悪くも他人に合わせてしまう)

会社に入った頃は、
「ここで一生を終えるのだけは絶対にない!」
と思っていました。

絶対違う何かで成功して独立するんだと意気込んでいました。

しかしそれがどうしたことでしょうか。
気づいたら会社に入ってから9年目の春を迎えていました

「ヤバイ!このまま死んだら何も残らない!」

そんな焦りをさすがに感じ始めました。

僕は専門学生の頃の気持ちを思い出して、
一念発起し、自力で稼げる手段を探し始めました。

「なにか、なにかあるはずだ!」

最終的に始めたのがパチスロ副業でした。笑
しばらくやっていなかったとはいえ、勝ち方はいつの時代も変わりません。

なので結局は元サヤに収まったという感じです。

しかし、これがキツイ。

正直会社終わった後に毎日パチンコ屋に通うにはしんどいです。
休みの日も一日中ですから本当にしんどいと感じました。

そして何より、
今の奥さんにものすごいストレスをかけていました

帰りは遅いし、
たまの休みの日はパチンコ屋。

こんな人と誰が一緒にいたいでしょうか?笑
その生活がしんどくなった僕は別な道を探し始めました。

そこで見つけたのが噂のネットビジネスというやつでした。

第4章 ネットで稼げるってマジか!?

プロフ3

どうやら巷にはパソコンとネットだけを使って稼いでいる人がいるらしい。。。

そんな噂を聞きつけた僕は、
「どうせ株とかFXでしょ?」と思っていましたが、
どうやらちょっと違うらしいということで興味を持ちました。

ちなみに株とかFXにも興味はありましたが、
いかんせん資金がないので諦めていました。

で、どうやらアフィリエイトというものらしいよ。
という話だったので、一応色々と調べてみました。

すると、
年収何百万とか何千万とか
よく分からないけれどすごい世界だということが分かりました。

正直僕は何でも良かったんです。

『会社に依存せずに自力で稼いで誰にも文句を言わせない』

ここを満たせればOKでした。
その条件とネットビジネスがマッチしたんですね。

しかし、実際に教材を買ってみて始めてみるも、
これが全く稼げません。涙

というのも、
教材を買っては1週間も経たずに辞め。
また新しい教材を買っては1週間も経たずに辞め。

こんなことを繰り返していました。
俗に言うノウハウコレクターというやつです。

夢を見て入ってきた世界がこんなんだったら
多分みんな辞めちゃうだろうなと思いました。
その体験は今の僕の理念の原型になっています。

第5章 元東大院生との出会い

僕の人生の転機は間違いなくこの青年との出会いです。
元東大院生との接点なんて普段中々ありませんよね?笑

僕はその元東大院生が、
ネットビジネスを教えているという情報をゲットし
早速教わってみることにしました。

この青年こそが僕の今の師匠にあたる人です。
僕より若いですが、ものすごく賢くてしっかりしています。

その師匠は、
メール1通で1000万円とか稼いでしまうような変人です。笑

そして案の定教え方も半端じゃないです。
基本的に初心者が迷わないようにほぼ1本道でネットビジネスを教えてくれました。

そのおかげで僕も今では自力で稼げるようになり、
会社を辞めることも出来ました。

人生って出会い一発で変わるんだなと
しみじみと感じました。

第6章 ネットビジネス界への不満

プロフ7

そんな夢のあるネットビジネスでも、
一発目で稼げなかったら辞めちゃう可能性が非常に高いです。

僕自身、最初の教材で稼げなかった時は、
やっぱりこんなの嘘っぱちだとも思いました。

ここがあまりにも切ない

初心者は例え1,2万円の投資だとしても
最初の一発目で稼げなかったらほとんどが諦めてしまうんです。

だからこそ僕のところに来た人には
そういう思いはしてほしくないです。

だから一度僕からサポートを受けた人に対しては、
最低3万円は稼げるようにサポートしたいと思っています。

なぜ3万円かというと、
僕の体験から言って、そこまで稼げるようになれば、
そう簡単に挫折しないというラインだからです。

僕自身、月に3万円稼げるようになってから
急にスイッチが入って大きく稼げるようになりました。

なのでこのラインまでは最低いってほしいんです。
商材代を回収できるのも大体このラインですからね。

僕がサポートするからには、
絶対に挫折してほしくないんです。

これは僕のサポートポリシーです。

第7章 アフィリエイターとターゲット

僕自身は自分の分のお金はある程度自力で稼げるようになりました。
でもこれはまだまだ通過点です。

今後は僕と同じような気持ちを抱いている人にも
ネットビジネスを教えていきたいと思っています。

アフィリエイターというのは、
見込み客のことをターゲットという言い方をします。

見込み客というのは、
商品を買ってくれそうな人のことを指します。

でも、
『ターゲット=見込み客』
という考え方は正直古いです。

僕が思う新時代のターゲットの概念は、

『仲間にしたい人』です。

これは僕の中では絶対そうです。

僕は、自分の考えに共感してくれる人だけを仲間にしたいんです。
共感出来ない人と一緒にビジネスをしてもお互い不幸になるだけです。

正直僕は何もしないで稼げるようなノウハウを教えることはできません。
その代わり、きちんと正当な努力をすることで報われる方法を教えることができます。

なので、手っ取り早く稼ぎたいだけの人は他の人から教わった方がいいです。

僕は稼いだ先にある理想や悩みの解決の方を重視します。

例えば過去の僕のように、

  • なかなか勇気が出せない
  • 自分に自信が持てない
  • 誰かに依存したくない
  • とにかく自力で生きていきたい

こういう問題を解決していきたいです。

他にも、

  • もっと楽しいことを仕事にしたい
  • 家族を幸せにしたい
  • 自分が本当に心を許せる人と一緒の時間を過ごしたい

とか、そういうのもいいですね。

とにかく稼いだ先の目標がある人が僕は好きです。

「とにかく稼ぎたい!」という人を否定するわけではありませんが、
僕とは価値観が合わないということです。

とは言え、結局は稼ぐことで自信が持てるし、
自力で生きていくことができるのも事実なので、
稼いでもらうのは大前提となります。

でも稼ぐ過程での楽しさや、その先の理想も重視したいということです。
気が合わない人とやってたらやっぱりつまらないですからね。

僕が目指してほしいのは、

『自分で好きな生き方を選べる人生』です。

僕のサイトは『素晴らしくNiceChoiceな世界』というタイトルなのですが、
そこにはそういった思いが込められています。

自由に生きるのも、不自由に生きるのも自分で選べます。
だとしたら僕はやっぱり自由な道を選びたいって思うんです。

でもそれは自分から掴みにいかないと叶わない生き方です。
待ってるだけじゃ何も変わらいのはこれまでの人生で痛いほど分かりました

支えられっぱなし、流されっぱなしで生きてきた僕だからこそ心から望むことです。

なので、もしそんな僕の考え方に共感してくださる人がいるならば
是非一緒にビジネスをやっていきたいなと思っています。

そんな仲間と一緒に、
ふらっと海外に出掛けたり、
美味しいものを食べにいったり、
ビジネスについて語ったりしたいんです。

絶対楽しいしワクワクしませんか?

だから僕は全ての人についてきてほしいとは思いません。
僕の考え方に共感してくれる人だけでいいんです。

 

もっと自由な人生を歩んでいきたい!

だけど何から初めていいか分からない・・・

 

そうやって悶々としている人ってすごく多いと思います。
だけど僕もそうだったから大丈夫ですよ

そして具体的に何をしたらいいのかを僕は示していくことができます

 

もし僕の考え方に共感してくださるのであれば
是非一緒に「自分の理想を選べる生き方」を目指していきましょう!

興味がある方だけ僕のメルマガに登録して下さい。

 

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

One Response to “ぐっきんのプロフィール”

  1. 寺尾敏夫 より:

    今晩は!ぐっきんさんのサイトの情報が豊富で、ますます貴方の能力の
    深さに感嘆しきりです。興味ある情報がふんだんに載っているので、目を通すだけでも、しばらくかかりそうです。
    wordpressも壁に当っていて、アイキャッチ画像が消えてくれなかったり、悩みが解消しないまま、別のテーマにも追われていますね。
    早くてきぱきと処理して、前進したいです。
    15日のメール記事の内容は、理解しているつもりです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ