サーバー、ドメイン、WordPressを分かりやすくシンプルにイメージしよう

こんにちは、ぐっきんです。

ネットビジネスを始めたばかりの方にとって
パソコンの専門用語ってすごく拒否反応出ますよね。笑

例にもれず僕もそうでした。
でも実際ネットビジネスをやっていくにあたって
それらの用語についてそこまで専門的に知っている必要はありません。

とはいえイメージはざっくり掴んでおかなければなりませんので、
今回はその辺りを分かりやすく解説したいと思います。

サーバー、ドメイン、WordPressとは?

g

これらのパソコン用語って聞くだけでややこしそうですよね。

僕は今だにパソコン用語って苦手ですが、
ネットビジネスにおいて実はそこまで深い専門知識はいりませんので、
気軽に考えてくれればなと思います。

これらは難しく考えればかなり複雑にできますが、
シンプルに考えれば小学生でも分かる話なのです。

これらは、
【土地】【住所】【建物】に例えるととっても簡単です。

それではひとつずつ見ていきましょう。

サーバーは土地

まずはサーバーです。
これは【土地】の部分にあたります。

つまりはこれがないとブログもドメインも作れません。
サーバーを契約せずにサイトを作ろうとするのは、
空中に家を建てようとしているのと同じことです。

なのでまずはサーバーを契約しましょうということですね。

ドメインは住所

続いてドメインについてですが、
ドメインはずばり【住所】にあたる部分になります。

つまりはネット上での所在地ですね。
土地があっても住所がなければ人は来れませんよね。

もう少し聞き馴染みのある言葉で言うならば
「URL」というやつですね。

なのでサーバーを契約したら、
次はすかさず自分の所在地を取得しましょうということですね。

WordPressは家

最後はWordPressです。
これが一番馴染みがない言葉かもしれませんね。

WordPressというのは、
ブログに特化したサイトのことです。

これから有料ブログで自分の独自サイトを運営していく際には、
このWordPressというものを使ってサイトを構築していくことになります。

つまりはこれが【建物】にあたる部分になるというわけです。
イメージとしては【自分のお店】という感覚でも良いと思います。

ここに書いていく記事が商品みたいなものですね。
これらをコンテンツという言い方をする場合もあります。

今、僕が書いている記事も自分のお店のコンテンツのひとつというわけです。

まとめ

今回はサーバー、ドメイン、WordPressについて解説してみましたが、
なんとなくイメージしていただけたでしょうか?

復習しますと、
サーバー契約=土地を借りる
ドメイン取得=住所を貰う
WordPressを導入=建物(自分のお店)を建造する
という考え方になります。

それで分かる通り、
有料ブログを運営するにはこれら3つ全てが必要になります。

なので今回は、
「これらの3つはこういった関係性だから全部必要なんだ」
ということを理解して頂ければ十分かなと思います。

それでは今回は以上になります。
お疲れ様でした。

次はサーバーを契約してみよう

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ