20代の人にとっての理想の睡眠時間はどのくらい??

こんにちは、ぐっきんです。

睡眠に関する悩みというのはほとんどの人が抱える悩みのひとつではないでしょうか?
なので今回は睡眠というものをテーマに記事を書いてみたいと思います。

20代の理想の睡眠時間は??

まず20代の方の睡眠事情を見て行きたいと思います。

現代人の生活はとにかくやることが多い!

遊びに仕事、趣味、インターネット、テレビ、DVD鑑賞など。

本当に暇にならない世の中です。

昔の人はこういった娯楽が無かったから早く寝ていたんですね。

起きてればお腹も空きますしね。

しかしこの時代に生まれてしまったのだから仕方ないですよね。

では、実際20代あたりの若者はどういう感じで睡眠の悩みを抱えているのでしょうか?

平日1日の平均睡眠時間

まずは1日の平均睡眠時間を見ていきましょう。

ちなみに僕はこれは大体5時間ですね。

統計によると、

4時間~5時間 27%

6時間~7時間 65%

8時間~9時間 6%

という結果になったようです。

そうですね。これは大体想像通りの結果ではないでしょうか?

中には2時間~3時間と答えた強者もいるそうですが。笑

睡眠に関しての悩みや問題があるか?

続いて睡眠に関して悩みがあるかどうかの統計を見てみましょう。

悩みがある 58%

悩みはない 42%

ということで、悩みがあるという方のほうが多いという結果が出ているようです。

さらに悩みがあると答えた人に対し

①寝付きが悪いなど「眠れない」のが悩み

②寝覚めが悪い、日中に眠くなるなど「眠い」の悩み

この2つのうちどちらが当てはまるかについての統計では、

眠れない 29%

眠い 71%

と、「眠い」という悩みが断然多いようですね。

さらに眠いのが悩みの方に、

①目覚めない

②午後眠くなる

のどちらが当てはまるかと質問した結果、

目覚めない 50%

午後眠くなる 50%

という結果になったようです。

なぜ20代は「眠い」人が多いのか?

そもそもなぜ20代の人は「眠くなる」症状が出るのでしょうか?

これは専門家いわく、若い人の場合疲れた時に眠くなるといばかりではないようです。

むしろ眠るという行為にはエネルギーが必要で、このエネルギーを睡眠力と呼んだりするようです。

若い人ほどこの睡眠力というのがあるので、20代の人が眠くなりやすいのはある程度仕方ないことのようですね。

解決法はあるのか?

では日中眠くなってしまうことに対してはどういう対策を練ったらいいのでしょうか?

実は睡眠というのは自分が満足する長さより少し短い方が質が良くなるそうです。

なぜなら人間には睡眠は長さが足りなくなると質を上げてカバーする特徴があるからです。

僕が読んだ本の中で自分に合っていた睡眠法は、

『平日は短めに寝て、休日多めに寝て補う』という手法です。

僕の場合は平日は大体5時間程寝て、休日は7時間程寝るようにしています。

これはあくまで僕の場合の話なので、人によっては平日6時間寝て休日に8時間寝るとかでも良いと思います。

睡眠のベストな時間帯は??

さらに睡眠にはベストな時間帯というものがあります。

睡眠の絶対的ゴールデンタイムは午前0時~午前6時と言われています。

なので午前0時~午前6時に寝るのと、午前3時~午前9時に寝るのでは睡眠の価値は全く違ってくるというわけです。

なので、出来るだけ午前0時~午前6時に近いように睡眠時間を合わせるのも睡眠の質を上げるための大事な要素のひとつになります。

自然な光で目覚めるアイテムも

朝は太陽の光で起きるのがオススメなのですが、日焼けを気にしてカーテンを空けたくないという人も多かったりします。

そんな時は太陽の光に限りなく近い光で目覚めることができる目覚まし時計がオススメです。

3ヶ月使って効果が感じられなければ返金されるという保証もあるので、朝が苦手な方は試してみてはいかがでしょうか?

光目覚まし時計の詳細を確認してみる

まとめ

というわけで、今回は20代の理想の睡眠について書いてみました。

やはり20代ぐらいのビジネスパーソンは色々とやることが多いので、ついつい寝る時間を削ってしまいがちです。

しかし睡眠時間を削りすぎてしまうと日中のパフォーマンスが落ちてしまい結局仕事もうまくいかなくなってしまいがちです。

なので夜寝るのも仕事のひとつだと割りきってしっかり寝るようにした方がいいのかもしれませんね。

PS.

僕自身も朝起きるのが本当に苦手だったので、色々な本を読んで睡眠について勉強しました。

ですが、最終的には「朝起きなくてい良い仕事をしよう」という結論に落ち着きました。笑

インターネットを使って稼ぐ仕事なので、時間や場所に縛られることはほとんどありません。

どうしても朝起きるのは苦手!という方のためにメールマガジンでネットを使った稼ぎ方を配信していますので、興味がある方は下記画像より詳細をご覧になってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。