【男性編】職業別年収ランキングBEST20!本当に儲かる仕事って何?

職業別年収ランキング男性編

こんにちは、ぐっきんです。

突然ですが、あなたの仕事は儲かっていますか?

なんだかやらしい話だと思いますが、これは意外に大事なことです。

だって今の仕事が好きでやっている人ってどのくらいいますか?

おそらく生活の為にやっているという方のほうが断然多いのではないでしょうか?

そう考えた時に稼げるか稼げないかというのは、やはり無視出来ないところだと思うんですよね。

じゃあ世の中の儲かる仕事って何なんだろう?

ということで今回の記事を書いてみることにしました。

世の中の本当に儲かる仕事を暴いていきましょう!

職業別年収ランキングBEST20(男性編)

果たしてどんな仕事が高収入なのでしょうか?

早速、儲かる仕事ランキング男性編を見ていきましょう。

職業別年収ランキングBEST20男性編

第1位 航空機操縦士 1532万円
第2位 医師 1179万円
第3位 弁護士 1160万円
第4位 大学教授 1099万円
第5位 大学准教授 869万円
第6位 記者 865万円
第7位 公認会計士、税理士 790万円
第8位 大学講師 774万円
第9位 不動産鑑定士 741万円
第10位 高等学校教員 705万円
第11位 社会保険労務士 693万円
第12位 電車運転士 692万円
第13位 獣医師 675万円
第14位 歯科医師 674万円
第15位 自然科学系研究者 658万円
第16位 保険外交員 657万円
第17位 一級建築士 652万円
第18位 システムエンジニア 611万円
第19位 技術士 607万円
第20位 薬剤師 587万円

厚生省のデータを参照したところ、このような結果になりました。

一応その他の細かいデータも以下の表にまとめてみました。 

職業別年収ランキング男性編_htm※クリックすると拡大します  icon-search-plus 

やはり権威のある仕事はそれなりに高収入ですね。

個人的には記者が意外と高収入なのには驚きました。

ただし、このデータは雇われていることが前提のものだと思いますので、弁護士や医師などの場合は独立してうまく経営していればもっと高収入を叩きだしていると思われます。

なので、とりあえず雇われの仕事で一番高収入なのはパイロットということになりますね。

子供の頃に誰でも一度は憧れる職業ですねー。

この中で目指すべき職業は?

さて、高収入の仕事が何なのか分かったところで、どの仕事を目指していくのが一番良いでしょうか?

今回は個人の特性を抜きにして考えてみたいと思います。

僕の思うポイントの1つは希少性です。

これはどういうことかと言うと、

代わりが効く人がほとんどいない仕事

ということです。

上記のデータの中で労働者数という項目があります。

そちらを少ない順に並べてみるとこうなります。

  1. 不動産鑑定士 60人
  2. 社会保険労務士 250人
  3. 獣医師 166人
  4. 航空機操縦士 2410人
  5. 弁護士 2730人
  6. 公認会計士、税理士 4080人
  7. 歯科医師 6480人
  8. 記者 1万1580人
  9. 大学講師 1万9540人
  10. 一級建築士 1万9980人
  11. 薬剤師 2万2450人
  12. 保険外交員 2万3710人
  13. 自然科学系研究者 2万9330人
  14. 電車運転士 2万9580人
  15. システム・エンジニア 28万830人
  16. 大学准教授 3万2740人
  17. 高等学校教員 4万6850人
  18. 技術士 5万8570人
  19. 大学教授 6万1130人
  20. 医師 7万270人

もちろんこの中のどの職業についても高収入なのは間違いないのですが、競合が少ない業種を選んでみるというのも1つの視点としては面白いのではないかと思います。

例えば「不動産鑑定士」という職業の方は日本にたった60人しかいません。

医師として日本一になるのはかなり難しいかもしれませんが、不動産鑑定士としてならば日本一を目指せるかもしれません。

もちろんだから不動産鑑定士になりましょうと言っているわけではなく、そういった様々な視点から職業というものを見てみるのもアリなんじゃないかということですね。

日本人男性の平均年収

さて、ここまで高収入の職業の話で夢を膨らませてきましたが、実際の日本人男性の平均年収ってどのくらいなのでしょうか?

ズバリ2015年分の国税庁の調査によると、

514 万円

ということのようです。

正直そんなに貰ってるの?という感じですが、どうやら大体合っているようです。

しかしこのデータは、全年代を対象とした調査結果なのでこういったデータになっているということを付け加えておきたいと思います。

ちなみに20代前半の男性の平均年収は264万円です。

一気にリアリティを帯びましたね。笑

⇒年代別の詳しい平均年収に関してはこちら(執筆中) 

年収1000万円を越えている人の割合

高収入者の1つの目安となる年収1000万円という数字ですが、実際にどのくらいの人がそれだけ稼いでいるのでしょうか?

調査してみたところ、

日本人男性の約6.6%が1000万円以上稼いでいることが分かりました。

この数字が多いのか少ないのかは非常に微妙なところですが、およそ15人に1人が1000万円以上稼いでいるということになります。

学校で言うとクラスに2人〜3人はいるという感じですね。

僕は結構多いな!という印象を受けました。笑

ちなみに先程の年収ランキングでは上位4つの仕事が1000万円という結果でしたが、それを踏まえて考えると、年収1000万円以上稼いでいる方はほぼほぼ独立起業されている方というのが予想できますね。

まとめ

今回のランキングを見てハッキリと分かったのは、雇われの身で大金持ちになることはかなり難しいということです。

しかも儲かるランキング上位の仕事に就職するためには、小さい頃からかなりの努力をしてこなければなりません。

なのでほとんどの人はこういった儲かる仕事にはつけずに、一般的な中小企業に就職することになります。

そうなってくると、高収入を得るというのはかなり難しくなります。

仮にいい仕事につけたとしても、ある程度の収入を貰えるようになるのには、10年、20年とかかってしまいます。

本当に好きな仕事についているのならばそれもいいと思いますが、生活の為に好きでもない仕事を我慢して続けるなんて辛すぎます。

現在僕の方では、雇われずに生きていく為の方法を無料メール講座でお伝えしていますので、興味のある方は下記の画像から詳細をご覧になってください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。