失敗と重続で100%成功できる法則

 

なにかに挑戦していく際に失敗というものは必ずついて回ります。
しかしそんな失敗と上手に付き合っていくことこそが、成功するための不変の法則となっていますので
是非覚えておいて下さい。

失敗に対する反応

人は失敗した時に2種類のリアクションをとります。

ヘコむ
学ぶ

主にこの2種類です。
ヘコむというのは精神的な落ち込み
学ぶというのは技術的な反省です。

失敗した際に重要なのは、
やはり「学ぶ」という姿勢になってきます。

精神的に落ち込んでも何かが変わるわけではありませんので
技術的に反省して改善していくようにしましょう。

失敗をコントロールする

もうひとつ大事なのが
失敗は排除していくのではなく
上手に付き合っていくという考え方です。

どういうことかと言うと、まず前提として
『失敗は必ず起こり得るもの』
だと言うことをきちんと理解するということです。

そして次に、
『失敗しても大丈夫な環境で挑戦する』
ということです。

たった一回の失敗で起きあがれなくなるほど
ダメージを受けていたのでは挑戦し続けることは出来ません。

だから失敗すること前提として
環境を整えておくことが重要になってきます。

飛行機を初めて作ったライト兄弟は
常に海の上で飛行実験をすることによって
失敗した時の被害を最小限に抑えていたといいます。

彼らも最初からうまくいくとは思っていないのです。
しかしいつか飛べると信じているからこそ環境を整えて
挑戦し続けたのです。

幸いネットビジネスというものは
副業で始めることが可能なビジネスなので
そもそも致命傷にはなりません。

なので思う存分失敗出来るというわけです。
で、本当に失敗してしまった時は最初に説明したように
技術的に反省をして改善をしていきましょう。

重続するということ

「重続」という言葉は事業家である斎藤一人さんという方の造語なのですが、
継続して重ねていくということを表した言葉です。

失敗して改善していくという作業は
まさにこの重続という言葉がぴったり当てはまるのではないでしょうか?

成長の感覚というのは、
坂道を上がっていくっていうのではなく
螺旋階段を登っていくというイメージに近いと思います。

良い線までいったと思ったら失敗して振り出しに戻る。
でもそこはもとのスタート地点とは違うんですよね。
グルっと回って一段上に上がってるんです。

それを繰り返していけば
いずれはすごい高さにいけるわけです。

自動車だって
飛行機だって
ロケットだって
そうやって生み出されてきたわけです。

だから続けるって大事なんです。
失敗は成功へのヒントだと思って
上手に付き合っていって下さい。

それでは今回はこの辺で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。