DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の基礎知識と全体像!

ネットビジネスで大きく稼いでいる人の大半は
このDRMという手法を使っています。

DRMは、
おそらく現代における一番効率的なビジネスモデルだと思います、

なので是非あなたもその世界に足を踏み込んでみて下さい。

DRMとは?

そもそもDRMって何なのって感じですよね。

DRMというのは、
ダイレクト・レスポンス・マーケティングの略です。

ダイレクト(直接)
レスポンス(反応)

という意味ですね。

その名の通り、
なんらかの媒体を通じて、顧客から直接反応を取りながら
商品やサービスを販売していくという手法になります。

そして現代で一番多く使われている媒体はメルマガです。
メルマガで直接反応を取りながら商品の魅力を伝えていくということですね。

その手法がメルマガアフィリエイトとも呼ばれるものです。

DRMの全体像

DRMは主に3つのステップで実行されます。

それは、

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

の3ステップです。

この手順を意識して実践いくのがDRMの全体像です。

集客

集客は文字通り見込み客を集めるという段階です。
業界用語ではリストを集めるなんて言ったりします。
(リストという言葉はあまり好きじゃありませんが)

リストというのは、
厳密に言えば見込み客の名前とメールアドレスということになります。

上手に集客して沢山のリストを集めることが出来れば、
後々すごく楽になります。

教育

お客さんを集めたら次に行うのが教育です。
(教育という言葉もあまり好きじゃありませんが)

要は、共感してもらったり、信用してもらうという段階です。
究極的にはファンになってもらうのが目標です。

ここでうまく自分のやっているビジネスの魅力を伝えることが出来れば、
販売する段階ではほとんどセールスがいらなくなります。

それぐらい教育課程というのは大事になります。

販売

販売は文字通り商品を実際に売り込む段階です。

最終的にはここが目標ではありますが、
お客さんに十分信頼されて共感も得ている状態になっていれば
そこまで力を入れなくても商品は勝手に売れていきます。

つまりDRMにおいては、
集客と教育の段階の方が販売よりも圧倒的に大事だということです。

コピーライティングを捨て町に出よう!究極の無双状態とは?

コピーライティングスキルが必須

このDRM全編を通じて、
コピーライティングのスキルが必須になってきます。

土台になると言っても良いでしょう。

コピーライティングスキルは簡単に言えば、
”魅力を120%伝えきって人の心を動かす力”です。

集客の段階では
メルマガに登録してもらうのにコピーライティングが必要。

教育の段階では、
商品や自分自身の魅力を伝えるのにコピーライティングが必要。

販売の段階では、
実際に買ってもらう為にコピーライティングが必要。

つまりコピーライティング無しでは
DRMそのものが成り立たないのです。

コピーライティングの無いDRMは、
本体の無いゲームソフトのようなものです。

なのでDRMを行っていく場合には、
必ずコピーライティングの勉強も平行して行っていくようにしましょう。

コピーライティングは世界を塗り替える魔法のスキル!

まとめ

今回はDRMについて、
簡単に全体像をお伝えしました。

今回お伝えした部分は本当に概要だけです。
細かい部分はまた個別の記事でお伝えしていきますので、
是非沢山学んでいって下さい。

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ