コピーライティングで一番重要なリサーチ力!それは思いやりに似てる?

動画(準備中)

コピーライティングおいて一番重要な要素はリサーチ力です。
ここを抜かしてコピーライティングは極められません。

今回はそんなリサーチの重要性について、
たっぷりと話していきたいと思います。

リサーチとは?

コピーライティングにおけるリサーチとは、
ズバリ『相手の気持ちを理解する』という一言に尽きます。

なんだかずいぶん単純な答えだなと思った方も多いでしょう。

きっとほとんどの人は、
「そんなの分かってるよ」と言うと思います。

でも実際にはほとんどの人が分かっていないからこそ
このリサーチの重要性を説明する必要があるのです。

リサーチの重要性

コピーライティングで一番時間をかけるべきところはリサーチです。
コピーの8割はリサーチで決まると言ってもおおげさではないのです。

ここが抜けてしまうと、テクニックをいくら駆使しても役に立ちません。
リサーチはコピーライティングにおける土台だということを覚えておいて下さい。

多くの人はリサーチをきちんとやらないから、
商品やサービスの魅力を十分に伝えることが出来ないのです。

リサーチがまるで出来ていないと、
電気が来ていない村にパソコンを売り込むみたいな感じになります。

リサーチがきちんと出来ていれば、
カレーを買う人に福神漬けを売り込むが如く的確な販売が出来るのです。

リサーチの方法

では具体的にどのようにリサーチをしていけばよいのでしょうか?
有効な手段は4つあります。

  • 様々な媒体をチェックする
  • 市場にいる人と直接話す
  • ターゲットと同じ生活をしてみる
  • ターゲットが反応しそうな言葉をとにかく沢山出す

これらがリサーチにおいて非常に有効な手段とされています。

様々な媒体をチェックする

これは、自分がこれから売ろうと思う商品について
色々な媒体でチェックをするということです。

例えばゴルフスイングの商材をこれから売り出すという場合は、
ゴルフ関連の雑誌をひと通り読んでみたり、
ネットでのレビューを色々と読んでみたりするということです。

YouTubeなんかもチェックするといいですね。
YouTubeでスイングを教えている人がどのぐらいのレベルで教えているのかも非常に参考になります。

この段階まずはその分野を取り巻く状況と
商品に求められる一種の最低ラインのようなものがぼんやり見えてきます。

市場にいる人と直接話す

これはターゲットだけでなく、
その市場に関連するであろう人に直接話を聞きにいくということです。

ゴルフに関するものであれば、
プレイヤー(プロ、アマ両方)、ゴルフ場のスタッフ、キャディーさん、など
話を聞ける人は沢山います。

ツイッターやフェイスブックなどの
SNSを利用して話を聞くというのも非常に有効じゃないかなと思います。

そういう人達が何を感じているのかを
直に聞くというのもかなり強烈なリサーチになります。

ターゲットと同じ生活をする

これは一番面倒な作業ではありますが、
これが出来ればかなり有利にマーケティングを進めていくことが出来ます。

つまりゴルフスイングの商材を売ろうと思うのなら、
ゴルフスイングを上達したいと思っている人と同じ生活をしてみるのです。

例えば週3でゴルフ練習に行ったりとか、
ゴルフクラブを見に行ったりとか、
ゴルフ系の雑誌を色々と購読してみたりとか、
そういうことを実際にやってみるということです。

すると、
今まで分からなかったターゲットの気持ちというのが
だんだん分かってきます。

「これだけ練習に行くと奥さんの機嫌が悪くなる」とか
「ゴルフクラブってこんなに種類あるけど何が違うんだろう」とか
「雑誌に書いてあることってなんでこんなにバラバラなんだろう」とか
そういう細かいところが見えてくるようになるのです。

この作業は本当に面倒ですが、
誰もここまでやらないからこそリサーチの中で一番効果的だと言えます。

ターゲットが反応しそうな言葉をとにかく出す

これも非常に大事です。

例えば、
ゴルフスイングの商材を買う人ってどんな言葉に反応するのかを考えてみます。

  • 1ヶ月間でスコア20UP
  • フェアウェイ率95%
  • タイガー・ウッズも使っている理論
  • スライスとは永遠におさらば

これは今僕が適当に考えたものですが、
そういうワードを何百個と出していきます。

とにかく出しまくって、
それを文章の中に散りばめていきます。

そうすると、
ターゲットがそのうちの何個かのワードに反応してくれるというわけです。

リサーチは思いやり

リサーチというのは、
上で紹介したように、これだけ沢山のことをしなければなりません。

そう思うと、リサーチってもはや”思いやり”の領域だと僕は思っています。
だってこれだけのリサーチって恋人や家族が相手でも中々出来るものではありませんよね?笑

つまりリサーチというのは、どこまでいっても
「相手の立場になって物事を考える」ということなのです。

なのでこれがきちんと出来れば商品が売れるというのは
非常に納得の行く話だと思います。

もう一つのリサーチ

リサーチには実はもうひとつ大事なものがあります。
それは自分の商品のリサーチです。

自分は何を売っているのかということです。
「は?そんなの分かってるよ」と思うかもしれませんが、
ここも意外と分かっていない人は多いです。

これはつまり、世の中に沢山ある類似商品の中から
「なぜあなたの商品を買わなければならないのか?」
という問い答える為のリサーチです。

これに答えられないと、
商品の魅力を伝えることは出来ません。

非常に難しい問いかけではありますが、
何かを売りに出す場合には必ずこの問いの答えを用意しましょう。

まとめ

今回はリサーチの重要性について説明してきました。
多分なんとなく理解してもらえたのではないでしょうか?

もしあなたの商品が売れないのだとしたら、
こういう言葉が当てはまるかもしれません。

「分かろうとしないから分かってもらえない」

リサーチをしないというのはそういうことです。

これはアドセンスだろうがなんだろうが、
全てのビジネスに当てはまることですので、是非意識していって下さい。

それでもリサーチはちょっと面倒だなと思う方に向けて、
僕の中で鉄板の方法があります。

その内容は僕のメルマガの中で公開していますので、
知りたい方は是非登録していって下さい。

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ