コピーライティングで乗り越えるべき4つの壁

今回はコピーライティングについて
少し具体的な話をしていきたいと思います。

今回お話するのは、
コピーライティングで超えるべき4つの壁についてです。
4つのNOTと言われたりもするものです。

ここを知らずしてコピーライティングは書けませんので
まずはここを覚えておいて下さい。

超えるべき4つの壁

コピーライティングは
この4つの壁を乗り越える為にあるとも言えます。

  • Not Open(開かない)
  • Not Read(読まない)←一番重要
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(行動しない)

今回はこの4つを解説していきたいと思います。

Not Open

まず最初の壁がこちらです。

  • 開かない
  • 知らない
  • 気づいていない
  • 関心ゼロ

などの理由から、
メルマガが開かれすらしない状態です。

こんなに寂しいことって無いですよね。
一生懸命書いた文章が開いてすらもらえないわけですからね。

なので、まず第一にここの壁を超えていく必要があります。

Not Read

Not Readの壁というのは、

  • 読まない
  • 読みたくない
  • 読む気がおきない
  • 閉じてしまう

こういった理由から
内容を読んでもらえないという状態です。

ここもかなり悲惨ですよね。
せっかく開いてもらったのに、
読む気がおきないと閉じられてしまうわけですからね。

そしてここが4つの中で一番高い壁になります。
ここさえ超えてしまえば、あとは楽になります。

Not Believe

Not Believeの壁は、

  • 信じない
  • 理解できない
  • 胡散臭い
  • 閉じてしまう

という状態です。

読んではくれたものの、
やっぱりなんか信じられないし、理解できないという状態です。

ここも超えていかなければ、
最終的にファンにはなってもらえませんので
きちんと超えていく必要があります。

Not Act

Not Actの壁は、

  • 行動しない
  • 決断しない
  • めんどくさい
  • 閉じてしまう

という状態です。

人間というのは、
動き出す時はかなり力や勇気がいるので
ここもコピーで超えていく必要があります。

コピーは読んでもらうことがまず大事

これらの壁は上から順に超えていく必要があるのですが、
一番大変なのはNot Readの壁です。

当然ですが、
読んでもらえなければ、どんなコピーを書いても意味がありません。

なので、まずは成約率を上げるとかの前に
読んでもらえるかどうかに全神経を集中させる必要があります。

その乗り越え方については、
色々なテクニックがありますので、
別の記事で詳しく紹介していきたいと思います。

まとめ

今回はコピーで超えるべき4つの壁について紹介しました。

  • Not Open(開かない)
  • Not Read(読まない)
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(行動しない)

基本的に人はきちんと促さないとこれらの壁を超えてきません。

なので、
意識的にコピーの力を駆使して超えてもらう必要があります。

今回は、

  • ユーザーにはこの4つの心理障壁がある
  • Not Read(読まない)の壁が一番高い

この2つだけでも覚えておいて下さい。

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ