人の感情を動かすGDTの法則

良いコピーは人の心を動かします。
そしてそれはある程度狙って動かしていく必要があります。

今回はそんな心を動かすテクニック
GDTの法則について解説していきます。

GDTの法則とは?

GDTとは、 人間なら誰もが持っている9つの欲求を 3文字にまとめたものです。

  • Goals(3大目標)
  • Desires(3大願望)
  • Teasers(3大本性)

それぞれがさらに3つずつに分かれていきます。
早速ひとつずつ見ていきましょう。

Goals(3大目標)

Goalsは、 人間なら誰もが達成したい目標です。

  • Time (時間)・・・時間をかけたくない
  • Money(お金)・・・たくさんお金がほしい
  • Effort (努力)・・・努力したくない
    例)1日5分!簡単なコピペで月収100万円!

アフィリエイト界で非常に多いキャッチコピーですね。
笑 これが本当かどうかは別として、これがGoalsの部分に訴えかけるというのは事実です。

Desires(3大願望)

Desiresは、 人間なら誰もが求める願望です。

  • Greed (貪欲)・・・富・名声・名誉が欲しい
  • Lust (好色)・・・美しくなりたい・モテたい・性欲
  • Comfort(快適)・・・苦痛から逃れたい・快適に暮らしたい
    例)社長になれば、あんな美女とも付き合えるし、もっと広いマンションにも住めますよ!

これも人間なら誰しもが求める願望ですよね。
なので、ここを責められると、やはり心はグラっと動いてしまいます。

Teasers(3大本性)

Teasersは、 人間の反射的な反応です。

  • Curiousty (興味)・・・知りたい!気になる!
  • Controversy(物議)・・・反社会的・非常識
  • Scarcity  (希少)・・・限定・希少
    例)【極秘】盗品を売りさばく方法を限定10人に大公開!

こういうタイトルがあったらついつい見ちゃいますよね。
というか読まずにはいられないですよね。

Teasersは本性というだけあって、
かなり強烈に読者の感情を刺激します。

影響力のレベル

GDTには影響力のレベルというものがあります。

G・・・★
D・・・★★
T・・・★★★

このようにTeasers(3大本性)が最強です。
ここは本能に近い部分なのでより感情を刺激します。

まとめ

GDTは無理に全てを文章に詰め込む必要はありません。
あくまで自然な流れで入れられるものを入れていきましょう。

紹介する商品とのマッチングもありますので、
そのあたりも考慮して使うようにしていくといいですね。

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ