お客を悩ませないための「3つのONE」

「混乱した脳は否定する」という言葉があります。
これは確かにその通りです。

コピーライティングでは、
お客さんを混乱させないように意識するべきポイントが3つあります。

今回はその「3つのONE」というものについて解説していきます。

3つのONEとは?

お客さんに向けて文章を書く際に、
3つのONEというのを意識しなければなりません。

  • ワンメッセージ・・・ひとつのメッセージ
  • ワンマーケット・・・ひとつの市場
  • ワンアウトカム・・・ひとつの出口

それではひとつずつ見ていきましょう。

ワンメッセージ

これは文字通り、
メッセージをひとつに絞るということです。

メッセージというのは、
お客さんに伝えたいことです。

例えば、アフィリエイトの良さを伝えたいのに、
「せどりもいいですよ」「FXもいいですよ」とか言っちゃダメです。

その場合は、
あくまで一貫してアフィリエイトの良さを伝えるべきなのです。

言い方は違えど、ずっと同じことを言い続ける。
そういった一貫性が大事です。

ワンマーケット

これはひとつの市場という意味です。

分かりやすく言えば、
商品のジャンルはひとつにするという意味です。

アフィリエイトの商材を進めているのに、
美容法とか筋トレ方とかの商材を特典に付けたりはダメです。

ただし、関連商品ならOKです。
例えば美容系の商材に健康関連の特典を付けるのはありです。
美容と健康は大きなカテゴリーでみたら同じジャンルですので。

ここはそんなに間違えないとは思いますが、
持ってるものをなんでもかんでも特典にすればいいわけではないということですね。

ワンアウトカム

これは出口は一つだけにするという意味です。

出口というのは、
最終的にお客さんにしてもらう行動をひとつに絞るということです。

例えばセールスレターであれば、
商品の購入ボタン以外のリンクは貼らないということです。

「メルマガ登録はこちら」とか
「プロフィールはこちら」みたいなものは貼ってはいけません。

そういう不純物をなくすことによって、
お客さんはよりスムーズに購入リンクへ導きます。

ここは意識しないとやってしまいがちなミスなので、
セールスレターを書く時は気をつけて下さい。

メルマガ登録ページも同様です。

まとめ

冒頭で説明したように、混乱した脳は否定します。

なのでお客さんが迷わないように、
一本道で誘導していくのもコピーの役割です。

なので、何か商品を紹介したりする際には、
この3つのONEをしっかりと意識していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。