30代サラリーマンの平均年収はどのくらい?毎月のお小遣いも調べてみた

「30代サラリーマンの年収って平均でどのぐらいなんだろ?」

自分が30代に差し掛かってくるとどうしても気になるところですよね。

他人と比べたところでどうにかなるものでもありませんが、とりあえず知っておいて損はないのではないかと思います。

ついでに毎月のお小遣いをどのぐらい貰っているのかも調べてみました。

30代サラリーマンの平均年収は?

早速30代サラリーマンの平均年収を見て行きましょう。

今回は「民間給与の実態調査結果」のデータを元に調査してみました。その結果30代男性サラリーマンの平均年収は以下のようになっていることが判明しました。

30代前半:446万円

30代後半:502万円

まあざっくり450万円ぐらいと思ってよいのではないかと思います。

ちなみにその他の年代を含めたグラフがこちらになります。

50代前半がピークで、約650万円が平均年収となっているようです。

やはり50代になると、課長や部長などに昇進する人が増えてくるので、一気に年収も増加していく傾向にあるようですね。

30代はまだまだ伸び盛りといった感じですね。

でも僕は正直「30代で平均年収450万も本当にある?」って思いました。

僕が勤めていた会社は30代で300万〜350万ぐらいでしたからね。笑

そこでもう少し調べてみると、実はこの平均年収のデータというのは少し怪しいかもしれないことが分かりました。

平均値と中央値は別物

年収の平均値というのは、単純に全てのサラリーマンの給料を足して割っただけのものなので、ずば抜けて給料が高い人が混じってしまうと、平均値が大きく押し上げられてしまいます。

給料というのは、最低値はある程度決まっていますが、上限というのは会社の社長によってはものすごく高いところもあります。なので、平均値というのは高めに出てしまうことがあります。

そこで、もっと現実的に参考になる数値を出すためには、中央値というものを計算する必要があります。

少し例を出しましょう。

以下の5人のテストの点数から平均値と中央値を出してみます。

A:10点 B:30点 C:35点 D:80点 E:100点

平均値の出し方

10+30+35+80+100÷5=51

平均値は「51」になります。

中央値の出し方

10、30、35、80、100

この中の真ん中にあたる数字が中央値となります。

つまりこの場合であれば「35」です。

このように平均値と中央値では結果が大きく変わっていくのです。

年収の中央値を正式に計算して出している機関はありませんが、下の数値がある程度決まっていることを考えると、高確率で平均値よりも少なくなることが考えられます。

なので、あなたの平均年収が今回お伝えした金額を下回っていたとしても、そこはあまり気にしなくてもよいと思います。

感覚的にはなりますが、大体400万円ぐらいが割とリアルなところなのではないでしょうか?

30代サラリーマンの平均お小遣い額は?

さて、今度は30代サラリーマンが毎月どのぐらいのお小遣いを確保しているのかも調査してみました。

年収も気になりますが、やはり自由に使える金額というのも気になるところですからね。

「新生銀行のお小遣い調査」によると以下のような結果が出たそうです。

30代だと約3万6000円ぐらいが平均値になっているようですね。

20代の方がお小遣いが多いのは、独身で子供のいない方の比率が多いからだと考えされます。

ちなみにこれは昼食代込みの調査金額です。

1日500円の昼食を取ったとすると、それだけで1万円以上が吹き飛びます…。

これはツライですねー。

あなたのお小遣いはどんな感じでしょうか?

今後の収入アップの鍵は副業

 

 

 

 

 

 

 

改めて今回の内容をまとめると、

  • 30代男性サラリーマンの平均年収は約450万円(本来はもっと低いはず)
  • 30代男性サラリーマンの平均お小遣いは月に約3万6000円(昼食代込)

という調査結果になりました。

この結果をどう受け止めるかはあなた次第ですが、実はサラリーマンの平均年収というのは年々下がってきています。

国税庁のデータによると、ここ20年で約60万円ほど下がってきているようです。

この先さらに下がっていくことも十分考えられるので、サラリーマンの方も今後は会社と別な収入源を作っていく必要があるのではないかと思います。

現在僕の方でインターネットを使った副業を教えていますので、もし今の会社以外からの収入源を作っていきたい方は以下の画像から詳細をご覧になってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。