ソフトバンクから学ぶ【理念】【ビジョン】【戦略】の重要性とは??

blog_import_52c7ec14f0d80

こんにちは、ぐっきんです。

これを読んでいる方はおそらく理念やビジョンという言葉は良く耳にしているのではないでしょうか?

でも実際にどういう風に機能しているのかまではよく理解していないという方も多いのではなでしょうか?

なので今回はソフトバンクの孫正義さんを例にして、
それらの重要性について考えていきたいと思います。

まずはなにが無くとも【理念】が先

まず先にこれらの重要性について説明していくのですが、
最初にはっきりとこれらの優先順位を説明しておきたいと思います。

こちらの図を見て下さい↓↓
t02200141_0643041111085764741

このように一番上は理念なのです。
全てはこの理念の為の土台であるということです。

では理念とは何なのか?
これは”使命”と言い換えてもいいかもしれません。

つまり会社でいうところの、
「我々は何のために事業をしているのか?」
という問いということです。

これは非常に本質的な問いです。
これは利益を上げるといった小さな目標ではありません。
その会社の存在意義そのものなのです。

これは魅力的であり、かつシンプルでなければなりません。
それに対してソフトバンクはどういう理念を掲げたのかと言いますと、
『情報革命で人々を幸せに』というものです。

これには参りました。
本当にお手本のような理念ですよね。
しかもソフトバンクは本当にそれに向けてひたすら邁進していますからね。

しかもシンプルで誰が見ても一発で分かる理念ですよね。
よく日本一を目指すみたいな理念があったりもしますけれど、
それだと結局人々に何をもたらしてくれるのかは分かりませんよね。

なので個人的に感じたのは、
理念というのは「他者に何をもたらせるか?」と言い換えてもいいのかもしれないなと思いました。

ビジョンははっきり見えているか

そして【理念】が決まったら次は具体的なビジョンを見据えなくてはなりません。
ビジョンというのは”未来をどれだけ具体的に語れるか”だと孫さんは言います。

それこそタイムマシンで未来に行ってきたかの如く語れなければならないとおっしゃっていました。

それは本当に凄すぎる話ですが、でもそれぐらい具体的に語れなければそれはビジョンでは無いということですね。

例えばソフトバンク新30年計画で孫さんは、
30年どころか300年先の未来についてまで語っていました。笑

それもかなり具体的で現実的です。
300年後を知るために300年前や1000年前のことなども徹底的にリサーチしたようです。

するとまず人間の寿命が圧倒的に伸びてきていることが分かったようです。
300年前の人は貴族でも平均寿命が39歳だったそうです。
それが今では80歳を超えるほどのなっているワケです。

なのでもっと情報革命が進めば300年後には人間の寿命は200歳程になっているでしょうと孫さんは語りました。

根拠として人工臓器の開発が進んでいくことが予想されているからだとも語っていました。

そうすると脳以外のパーツはほとんど取り替えることが出来る時代が必ず来るということのおうです。

でも300年後だと思えば相当リアリティー溢れる話ですよね?

そもそも孫さんがなぜ寿命というものに目をつけたのか?
それは「人々にとって一番の不幸は何か?」ということを徹底的にリサーチした結果、

1位 身近な人の死
2位 孤独
3位 絶望

という結果が出たそうです。
ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」 という理念のもと、これらを出来る限り排除したいと考えたそうです。

孫さんは、これらをひっくるめて人々の本質的な不幸は『孤独』に起因していると定義しました。

なのでそのために人々の寿命を延ばすことを考え、さらには心を持ったロボットの開発まで視野に入れているそうです。

どうでしょうか?
これがビジョンです。

こんなところで会社批判するのはズルいと分かっていますが、僕が務めている会社には理念の「り」の字すらありません。笑

なのでもちろんビジョンなんてあるわけが無いんですよね。

戦略はビジョンをどう実現させるか

そして3つめの戦略というのは、
理念をもとに描いたビジョンを今度はどう実現させていくかということです。
「実際に事を成す」といところにフォーカスしていきます。

正直ビジョンまでで話が終わってしまったならば、
それは単なるSFや漫画の話とたいして変わりません。

事業家はそれらを成して始めて事業家なのです。
なのでこの【戦略】というのも非常に大事なのです。

ソフトバンクの戦略の核は「情報革命」です。
それはつまり今の形態にはこだわらずに革新し続けるということです。

ソフトバンクのこれから30年の戦略は大きく分けて3つです。

・世界で一番必要とされる企業グループにする
・戦略的シナジーグループの構築
・孫正義の後継者を育てる

世界で一番必要とされる会社へ

いつの時代も一番儲かっている会社というのは、その時代の人々に一番必要とされる会社だということを孫さんは確信しているので、これをひとつの戦略としているということですね。
先の寿命を伸ばしていくという話もこれに通じてきますよね。

戦略的シナジーグループの構築

ソフトバンクといえば色々な会社を買収して従わせているというイメージもあるかもしれませんが、孫さんが目指すのはそれらをグループ企業とし、それぞれが自立して進化していく形だそうです。

なのでそのシステムを構築していくというのが戦略のひとつになっているというわけです。

孫正義の後継者を育てる

これは孫さんにとって一番の課題かもしれませんね。
才能がある人程、後継者を作るということは非常に難しいですよね。

でも孫さんはその準備も十分に進めていると豪語しています。
それは『ソフトバンクアカデミア』という教育機関の開校です。

しかもここでは孫さん自らが講師として生徒に教えていくそうです。
ソフトバンクグループの中はもちろん外からも生徒を募集して教育しているそうです。

これが戦略の一つに組み込まれていること自体が流石だなって感じですよね。

まとめ

というわけで、今回はソフトバンクを例に理念、ビジョン、戦略について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

もちろん戦略より下に戦術、計画などの細かい話は沢山あります。
でもまずはこれらの指針が無いと人はなかなか動けないんですよね。

これは企業だけの話ではありません。
僕達個人レベルでもこれらは考えていくべきなのだと思います。

「自分は何の為に生きているのか?」
なんて形で問いかけるとまず答えは出ません。笑

なので「自分は他者になにをほどこせるだろうか?」という問いに変えてみ下さい。
つまるところ「自分の得意なもので何かをより良くする」ということに行き着く可能性が高いのではないのかと僕は感じています。

なので僕自身は自分の好きなことよりも得意なことの方を推奨しています。
参考:【生き様choice】自分の天職を見つける為の2つのポイント

そしてこの理念というのは、
不変であるべきという考え方もあるかもしれませんが、
僕自身はこれら自分の成長と共に変化していくべきものだと思っています。

いきなり人々を幸せになんて無理でしょう。笑
なのでまずは家族を幸せにとか、恋人を幸せにとかから始めてみても良いのではないでしょうか?

さらに言えばまずは自分自身を幸せにするということでも良いと思います。

僕自身、現在ネットビジネスというビジネスモデルを使ってまずは自分の現状を変えることに成功しました。
参考:これからのビジネスは個人で出来る!!ビジネスチャンスはあなたのすぐ目の前に!!

実際に僕は自分は平凡で何も出来ない人間だなとずっと自信を持てないでいました。
参考:自分に自信がない人の根本的な原因や4つの特徴とは??

その時は本当に辛かったんですよね。

なので今度はそれを誰かに教えていく番だなと思っています。
その為に現在無料メルマガ講座を配信していますので、
現状を変えたいという思いのある方は是非登録してみて下さい。

僕の理念を持って全力でサポートしていきたいと思っていますので。

現在の僕の理念は、
「ネットビジネスで自信が無い人でも自分らしく生きていける人を増やす」ということです。

僕は自立した生活を送れるようになることがその為の第一歩だと確信していますので、そのための具体的なビジョンと戦略をお伝えしていきたいと思っています。

興味のある方は下の画像をクリックしてみて下さい(^^)↓↓

 

2 件のコメント

  • 働く意味、理念は、他人(はた)楽にする為に働くので、自分のみが、楽になるためだけに、働いているのだと、とても寂しい。組織のなかで、明るく元気よく前向きに明日、未来に向かい次世代に、仕事と、メシの種になる、財産として、その組織のノウハウ伝達して、取引先からも応援してもらえる組織つくりに、日々頑張りたい。
    金は、使うとなくなるが、人は、教育、学習していけば、組織の発展の肥やしになります。人が、第一、金は、二の次無ければ、困るが、必要最低限あれば、よろしいと、考えます。以上

    • 渡邉さんコメントありがといございます!
      まさにその通りで、自分だけの為の仕事に対する努力というものはそう長くモチベーションが続かないように感じます。
      僕自身も自分1人で完結してしまう仕事だったら正直続けられません。
      シンプルにいって人に助けてもらう人生よりも助けることが出来る人生の方が楽しいと僕は思います。
      これは慈愛の精神とかではなく、僕が楽しいか楽しくないかの話なんですけどね。笑
      でもそういった気持ちが世の中を良くするのなら、それは本当に望ましいことだと思います^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。