自分の好きなことを仕事にするためのたった1つの方法

02_1042480_90236538

こんにちは、ぐっきんです。

今回は好きなことを仕事にするためのたった1つの方法ということで書いていきたいと思います。

なんとも大げさなタイトルですが、僕が導き出した唯一の結論だったので是非ともお付き合い下さい。笑

好きなことを仕事にするためには?

それでは早速たった1つしかない好きなことを仕事にするための方法について発表していきたいと思います。

それはズバリ、
『今の仕事を好きになること』です。

「は?」という声が聞こえてくるのは百も承知です。
でもこれはすごいんですよ。

僕も色々と考えましたよ、そりゃ。
自分の適性を診断してみたり、これまでにやってきた趣味などを書き出してみたりとかも散々してみましたよ。

でも最後にはこれしか無いという判断に至っています。
なぜならこの方法は百発百中で好きな仕事が出来るんですよ。笑
トンチ話でもなんでもないんです。

好きな仕事についてる人の割合とかって良く言ってますけど、
あれって結局本人のさじ加減じゃないですか。笑

だったら好き嫌いに関してはハードルを下げてしまえば良いんですよね。
楽しさを見出す力をつけてしまえば何をやっても大丈夫です。

「でもぐっきんさんはそんなこと言うけど、皆がそんなことで納得すると思ってるの?」という意見はもっともです。

なので今回はここからさらに踏み込んだ話をしたいと思います。

好き以外の基準で選んでみよう

もちろん元々自分の好きな分野がはっきりしている場合は、
最初からそういう仕事を選んでいくというのも良いでしょう。

しかしその場合は他の判断基準についても考えてみて下さい。
というのが今回の話の本筋です。

僕が思う好き嫌い以外の判断基準で有力な物が3つあります。
それが、

・得意な仕事
・稼げる仕事
・時間の自由がある仕事

という3点です。
このどちらかを備えた仕事であればそう簡単に仕事が嫌になることはないと僕は思っています。

1つずつ見ていきましょう。

得意な仕事

これは言い換えれば自分がどれだけ貢献出来るかどうかということです。
人ってやっぱり自分が他者に貢献していると思った時に充実するようにできていると思うんですよね。

しかも得意なことだったら成果も出やすいし、
その仕事を好きになるスピードも断然早いと思います。

なので僕は好きなことよりも得意なことを仕事にすることをオススメしています。

稼げる仕事

稼げるかどうかというのも非常に大事です。
ちゃんと見返りがあるかどうかというのは仕事のモチベーションに大きく影響してきます。

しかしこれは金額がどうこうというよりも、
今の仕事量に対して正当な見返りがあるかどうかというのが肝になってきます。

例えば僕の父親を例に出すと、
自営業で土日もほとんど休まずに働いて年収400万円程です。

この金額が多いか少ないかは人によるかもしれませんが、
休みがほとんど無いのにこの年収は結構キツイな〜と正直僕は思ってしまいます。
正直ブラック会社の労働環境とほとんど変わらないように思います。

なのでここで言う稼げるの基準は、
時間を犠牲にせずに満足するだけ稼げるということです。

時間の自由がある仕事

これは残業とか休日出勤などでプライベートな時間がどれだけ削られるかどうかです。
稼げても使う時間が無いというのも良く聞く話ですよね。

上でも書きましたが、
僕の父親はこの時間的な自由も完全に奪われていました。

そういった姿を見ていて僕はその仕事を継ぐのを躊躇してしまいました。
やはり人生においての時間というのは非常に大切な資産のひとつなので、
これもやはり意識しなければならないことのひとつでしょう。

好きな仕事をする場合には、
これらの3つの要素がその仕事にあるかどうかは考えてみて下さい。

そして3つとも満たしていない場合は、
相当な苦労をすることを覚悟して仕事に就くしかありません

それを分かっててもやりたいと思える仕事だとするならば、
それはむしろ是非やった方が良いと思います。
そう思えること自体才能なので。

得意なことが最強

そしてやはり僕が思うのは、
仕事にするならば得意なことが最強なのではないかと思います。

得意な仕事をすれば成果が出やすいので、
それは稼ぎや時間にも大きく影響してきます。

つまりは自分の勝てる土俵で勝負するというのが、
最終的には良いのではないかなと思います。

ウサギとカメの話がありますよね?
あれはカメがコツコツと歩いてウサギが寝ている間に追い抜いていくという話でしたが、現実ではウサギは寝たりしないんですよね。

なのでカメがウサギに勝負を挑んで勝とうと思った場合には『水中戦』に持ち込むしかないのです。笑

トンチのような話ですが、現実世界でもこれは同じだと思っています。
なので是非ともそういう感覚で仕事を探すことをオススメします。

東進の林修先生も、元々は数学の講師になろうと思って東進に入ったようなのですが、数学の講師陣の中ではトップになれないと感じ、トップになれそうだった現代国語の講師になることを選んだそうです。

僕はこのエピソードはすごい好きですね。
まさに好きよりも得意なことを優先したというワケです。
しかも結果としてそれがお客さんの為にもなっているのです。

自分の得意なことの探し方はこちらを参考にしてみて下さい↓↓
参考:【生き様choice】自分の天職を見つける為の2つのポイント

まとめ

今回は好きな仕事するための方法について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

ちょっと精神論的になってしまったのでかなり抽象度の高い内容になってしまいましたが、僕はそういうふうに思っています。

そもそも僕は人が仕事を好きになれない理由というのは、

・給料が安い
・残業が多い
・得意じゃない

という3大理由が大きく占めてしると思っています。
それを好きとか嫌いだってことにしているだけのようにも感じるのです。

つまりそれら3つの不満が取り除けたならば、
そう簡単に仕事が嫌いになることは無いと思います。

でもそんな仕事ってなかなか無いですよね。
僕自身そんな仕事無いって思っていましたが、それが実際にありました。

それが僕が今現在やっているネットビジネスという仕事です。
とにかく成果の出方はサラリーマンの比ではありません。

僕自身、5ヶ月でサラリーマンとしての給料を追い越してしまいました
そして時間的な自由についてですが、これも最初は作業が多くて少し苦労しますが、一旦仕組みが出来上がってしまえば、自分はほとんど手間をかけなくても収益が得られるようになってきます。

そして得意かどうかというところですが、
これは正直言って誰でも出来ますので大丈夫です。

厳密に言えばそれぞれが得意なスタイルで出来るという感じです。
なので「自分にそんな才能は無い」というところは全く心配しなくて大丈夫です。
必ずその人に合ったやり方がありますので。
参考:ネットビジネス(アフィリエイト)は本当に誰でも稼ぐことが出来る夢のビジネスなのか!?

つまりネットビジネスでは、
【時間的自由】【金銭的自由】【精神的自由】の3つが同時に満たされます。
こんな仕事なかなか無いですよね。

現在僕はその方法を沢山の迷っている人に向けて伝承していきたいと思っていますので、もしよかったら無料メルマガ講座の方に登録してみて下さい。

僕自身が体験してきた”今よりもっと自由に楽しく生きていける手法”を惜しみなく公開していきたいと思います。

興味のある方は下の画像をクリックしてみて下さい(^^)↓↓

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ