【ワードプレス編】アドセンス広告の最適な貼り方!オススメの配置も紹介

こんにちは、ぐっきんです。

最近アドセンス広告を貼るプラグインが調子悪いという問い合わせが増えてきました。

僕が今までアドセンス広告を貼る際に推奨していたプラグインは、「Quick AdSense」と「AdSense Manager」というものなのですが、どちらも調子悪くなってきました。笑

「AdSense Manager」に至っては、プラグインの配信自体が終わってしまったので、もはやインストールすらできません。

なので、どうしたもんかなーと思っていたら、ありました。

全てを解決する最強のプラグインが。

今回紹介するプラグインは、たったひとつで「Quick AdSense」と「AdSense Manager」の両方の役割を兼ねてくれます。

導入方法や使い方はもちろん、オススメの配置なども解説するので、アドセンス広告をどうやって入れようか悩んでいた方はぜひ参考にしてみてください!

新時代のアドセンス挿入プラグイン「AdSense Integration WP QUADS」

「こんなプラグインを待っていた!」

思わずそう声に出してしまうぐらい便利なプラグインです。

ただ、全部英語なので、説明書がないと設定が分かりづらいという欠点があります。

でもその分かりづらい部分をこの記事で解説していくので安心してください。

ちなみに今回は広告設置する場所に関しては、

  1. Moreタグの下
  2. 記事終わり
  3. その他、任意の場所にボタン1つで設置

という形でやっていこうと思っています。

そんなわけで早速「AdSense Integration WP QUADS」の使い方を紹介していきたいと思います。

Moreタグ下と記事終わりの広告を自動挿入する設定

1.まずは「プラグイン」→「新規追加」から「AdSense Integration WP QUADS」を検索して、インストール&有効化

 

2.プラグインを有効化すると、左のメニューに「WP QUADS」というものが追加されるので、そこから「Ad Setting」というところに入ってください。

 

3.まずは以下の赤枠の部分を設定します。ここは1ページ内に自動で表示させるプラグインの枚数を設定できるのですが、基本は「3」のままでOKです。

 

4.次に以下の画像と同じように設定をしてください。ここは説明するとややこしいので、あまり深く考えずにこれと同じにしてもらえればと思います。

 

5.続いて、赤枠の「ADSENSE CODE」というところをクリック

 

6.以下の矢印のところをクリックして「Ad1」のところを開きます

 

7.「Plain Text/HTML/JS」にチェックを入れ、その下の枠に挿入したいアドセンスコードを入力します。その際に、必ずコードの頭に「スポンサーリンク</br>」を追記してください。これを入れないと、アドセンスの規約違反になってしまいます。

 

8.Layoutのところでは、広告の「左寄せ・真ん中寄せ・右寄せ」と「広告下の隙間をどのくらい空けるか」を設定することができます。オススメは以下のような設定です。

ちなみに下の隙間を「0」にしてしまうと、こうなります。

これはなんとなく息苦しいですよね。笑

隙間を「30」にすると以下のようになります。

もう少し広げたい方は数字を大きくすればどんどん広げていくことができます。

 

9.ここまで入力し終えたら「変更を保存」をクリック

 

10.Ad2とAd3も同じように設定

ここまでの設定で、Moreタグの下と記事終わりの広告は自動で表示されるようになっているはずです。

ただし、アドセンスコードを取得したばかりの場合は、広告が表示されないこともあるので、その場合は1日ぐらい様子を見てみてください。

 

ボタン1つで広告コードを設置できるようにする設定

続いて、任意の場所にボタン1つで広告を設置できるようにする設定を紹介していきます。

この設定には別途で「AddQuicktag(アドクイックタグ)」というプラグインを使うので、まだ導入していない方は先にそちらをインストールしてください。

アドクイックタグの設定方法と使い方についてはこちら

それでは、アドクイックタグが導入されていることを前提にワンボタン化の手順を解説していきます。

1.まずは、先ほど作った「Ad3」の入力画面を開き、画像の赤枠の部分をコピー

 

2.続いて「設定」→「AddQuicktag」と移動

 

3.画像の赤枠の部分を入力(チェック)し、変更を保存。

①ラベル名・・・ボタンの名前になるので、分かりやすいものを入力

②呼び出すコード・・・こちらに先ほどコピーしたコードを貼付け

③適応範囲・・・一番右にチェックを入れると全てにチェックが入るので、一番右だけチェックを入れればOK

ここまででボタン化の設定は完了です。

次にきちんとボタンが使えるようになっているかをチェックしていきます。

 

4.記事投稿画面で「Quicktags」の右の三角をクリック。

 

5.先ほど作ったボタン名が表示されるので、それをクリック。

 

6.先ほどコピーして貼り付けたコードが表示されればOK。

 

7.コードが挿入されたらプレビューで広告が表示されるか確認してみてください。

コードを挿入したところに、きちんと広告が挿入されていればOKです。

後は自分が入れたいところに、その都度、先ほどのボタンを使って広告を挿入していってください。

アドセンス広告挿入の手順は以上になります。

 

オススメのアドセンス広告の配置について

アドセンス広告の配置で僕がオススメしているのは、以下の3箇所です。

  • 導入文の下(Moreタグの下)
  • 記事終わり
  • 見出し2つごとの切れ目に1つ

以前はアドセンス広告は1記事に3つまでという制限があったので、「導入文の下」「記事終わり」「記事中に1枚」という感じがベストだとされていました。

しかし、現在は枚数制限がなくなったので、コンテンツ量が充実している人は記事中の枚数を増やしても大丈夫です。

個人的には見出し2つごとに1枚であれば問題ないかなと思っています。

文字数を多く書く人は広告の枚数が少ないと明らかにクリック率が下がるというデータも取れていますので、ぜひ損をしないように広告を入れていってください。

ちなみに広告のサイズはレスポンシブを推奨しています。ただし、レスポンシブ広告を使う場合は少しコードを改変する必要があるので、それに関しては以下の記事を参考にしてください。

Googleアドセンスの広告コードの取得方法icon-external-link

※タイトル直下のアドセンス広告はサイズによっては規約違反とみなされることがあるので、僕の方ではあまり推奨していません。

 

まとめ

今回は、アドセンス広告の貼り方について現状一番良いと思うやり方をまとめてみました。

一度設定してしまえば、それ以降はほとんど手間がかからないやり方なので、ぜひ参考にしていただけたらなと思います。

もし、もっといいやり方あるよーという場合は、ぜひコメントなどでお知らせいただけると嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございましたー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。