アドセンスブログに必要な文字数と記事の書き方における5つのポイント

アドセンスアフィリを実践している方からの質問で、
「1記事どのぐらいの文字数で書けばいいのか?」
という質問が結構あります。

なので今回は、
アドセンスブログに必要な文字数と、
記事の書き方の5つのポイントについて説明したいと思います。

アドセンスブログに必要な文字数

文字数については基本的に以下のポイントを抑えて下さい。

  • 最低800文字以上(速報系など)
  • 基本的には1200文字以上
  • 多ければ多い方がいい

このように思っておいて下さい。
文字数を多くする意義は「滞在時間」にあります。

だから、文字数は多ければ多い方が良いのです。
ただし、キーワードに関係の無い部分は読み飛ばされる傾向にあるので
キーワードに関連のある話題で文字数を多くしていって下さい。

速報系の急ぎの記事の場合でも最低800文字以上は書いて下さい。
800文字以下だとGoogleからコンテンツ不足とみなされる可能性がありますので。

記事の書き方における5つのポイント

記事を書く際に意識するべきポイントは5つです。

  • 必ずユーザーの知りたい答えを用意する
  • 起承転結を意識する
  • オリジナリティを意識する
  • スピードを意識する
  • 画像や改行などの見栄えを整える

ユーザーの知りたい答えを用意する

まずは大前提としてこちらを意識して下さい。
「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、
ここがちゃんと出来ていない人が意外と多いです。

よくあるのが、
キーワードについて2,3行だけ書いて
後は全然関係ないことを書いている記事ですね。

そういう書き方は良くないですね。
これはユーザーの気持ちになってみれば分かると思います。

そのキーワードについて知りたいから検索してきたのに
全く関係ないプロフィールとか趣味とかのことばかり書いてあって
肝心の知りたい部分がちょこっとしか書いてなかったらイヤですよね?

なので関係ない話で文字数を引き伸ばすぐらいだったら
文字数が少なくなってもキーワードについて掘り下げて書いた方がいいです。

無名な人が急に有名になって、
その人の記事を書くのにプロフィールを書くのはもちろんアリです。

でも今更嵐の櫻井翔君のプロフィールなんて誰も見ません。
だからすでに超有名な人の場合はキーワードについての話題を
とことん掘り下げて下さい。

調べても分からないことは?

この質問もよくあります。
その時は自分の考察や感想をとにかく書いて下さい。

間違っても、
「調べたけど分かりませんでした。」
で終わりしないで下さい。

たとえ情報が写真1枚しか無かったとしても
そこからあなたの想像力をふくらませて考察や感想を書いて下さい。

気が強そうとか弱そうとか、
何歳ぐらいに見えますとか、
頭の良さそうな顔立ちですねとか、
なんでもいいんです。

ユーザーというのは
他人の頭の中が気になるという性質があるので
あなたなりに思ったことを書けば十分満足してくれます。

起承転結を意識する

文章構成がめちゃくちゃなのは良くないですね。
単純にユーザーが読みづらくなってしまいます。

なので基本的には起承転結に沿って書くことをオススメします。
そうすると記事の書き方もある程度テンプレート化できるので
記事を書くスピードも上がっていくと思います。

動画では僕がどういう構成で書いていたかも説明していますので
良かったらご覧になってみて下さい。

オリジナリティを意識する

独自性の無いブログはペナルティを受けるという話があります。

ペナルティに関しては色々な意見があると思いますが、
それを抜きにしても他のサイトと差別化を図ることは非常に大事です。

他のサイトと一緒のことを書いていたら
単純にあなたのサイトの価値はなくなってしまいますからね。

自分ならではの視点で書く

独自性を出すためにはどうしたら良いか?
それはあなたなりの切り口を作ることです。

例えば芸能人の歯についてのネタがあったとします。

普通だったら、

俳優Aがいつの間にか歯を矯正していたようです。
確かに前までは歯を出して笑ったところは見たことなかったですが、
最近は歯を出して笑っていますね〜。

みたいな感じで書くと思います。

しかしこれを歯医者さんが書いたとすると、

これは矯正というよりも完全に差し歯になっていますね。
奥歯の虫歯もちょっと気になりますね。
バランスを考えると八重歯も差し歯にしちゃった方がいいかもしれませんね。
最近の歯科技術は上がっているので1日で差し替えることが出来ますよ。

みたいな感じに大分切り口変わりますよね。
(これはあくまで僕が妄想で書いただけですが笑)

ただ、今回は分かりやすくするのに例に出したのが歯医者さんでしたが、
これが歯医者さんじゃなかったとしても、アイデア次第でどうにでも切り口は変えられます。

例えば、
歯科整形で定評のある歯医者ランキングを引っ張ってきてもいいし、
日本人の差し歯率はこのぐらいです!みたいな統計を出してきてもいいんです。

要はキーワードの掘り下げ方です。
そこを意識すればオリジナリティは出やすいですね。

キャラクターを設定する

他にもキャラクターを設定してみるというのも手ですね。
毒舌キャラやオタクキャラ、武士キャラなんてのもいいかもしれません。

普段の自分と違うキャラでも
なりきって書いてみると自分も楽しめるかもしれませんね。

ちなみに僕はおちゃらけ主婦でブログを書いていたことがあります。笑
意外と素の自分に近かったので書きやすかったです。笑

スピードを意識する

素早く記事を書くのも非常に大事な要素になってきます。
なんだかんだ言って最初は質より量だということを意識して下さい。

まず前提として、
時間を測るという癖を付けていきましょう。

今まで1記事3時間とかかけて書いていたのならば、
2時間のタイマーを設定して記事を書き始めて下さい。

2時間で書いていた人は1時間です。
最終的には1時間以内には1記事書けるようにしていきましょう。

スピードを短縮する為にすることは色々あるのですが、
それは別の記事で詳しく説明していますので、今回は即効性のあるツール等を紹介したいと思います。

30分で記事を書く為の方法

タイピングの練習

単純にタイピングスピードは作業時間に直結します。
ブラインドタッチを覚えるだけでも劇的にスピード上がります。

タイピングの練習が出来るサイトは沢山ありますので、
自分に合ったサイトを見つけて練習してみましょう。

http://typing.sakura.ne.jp/sushida/
http://www.e-typing.ne.jp/
http://typing.twi1.me/

Google日本語入力

これはGoogleが無料で提供しているかな入力ソフトなのですが、
導入していない方は今すぐインストールしましょう!

僕はこれを知った時に
なんでもっと早く知れなかったんだとガチで後悔しました。笑

Googleかな入力のインストール方法はこちら

クリップツール(コピペツール)

僕は実は最近このクリップツールを導入したのですが、
これも今まで使っていなかったのを激しく後悔しました。

特にメアドやサイトURLを登録しておくと恐ろしく便利です。
これもまだ導入していない方は今すぐインストールしましょう!

windows→クリップNOTE
mac→ClipMenu

これであなたの作業効率は大幅にレベルアップしました^^

見栄えを意識する

見栄えに関しては主に3つを意識して下さい。

  • 見出しタグを使う
  • 改行を最適化する
  • 適所に画像を貼る

見出しタグを使う

見出しというのは、こういうのです↓↓

ライバルチェックのコツと勝つための6つの秘策を伝授!   ネットビジネスで誰にも縛られない生き方を提案する自由人ぐっきんのブログ

これが枠のない普通の文字だと寂しいですよね?
なのできちんと見出しタグを使ってあげて下さい。

原則として、見出しの中にまた小見出しを入れる場合は
見出し3→見出し4→見出し5と順番に階層を付けて下さい

間違っても、見出し4→見出し3→見出し5みたいな
めちゃくちゃな階層の付け方はしないようにしましょう。

改行を最適化に関しては他の動画で詳しく解説していますので、
是非そちらをご覧になってみて下さい。

アドセンスブログにおける最適な改行の仕方とは?

適所に画像を貼る

画像も見栄えを決める大事な要素です。
なのでなんでもいいやと適当な画像を貼らないようにしましょう。

特にアイキャッチは、
関連記事のところにも表示される部分ですので、
より気を使って綺麗な画像を選びましょう。

間違ってもテレビの画面をキャプチャーしたような画像は
選ばないようにして下さい。ペナルティの確率も上がってしまうので。

そして正直アイキャッチ以外の画像は最低限でいいです。
どうしても画像があった方が内容が伝わりやすいと思った時だけ
画像を使うぐらいでもOKです。

著作権フリーの画像の場合は積極的に使っていくといいですね。

ぐっきんオススメの無料で使えるフリー画像サイト集!

画像はあくまでグレーゾーン!どこまで使っていいの?

まとめ

というわけで、
今回はアドセンスブログ記事に必要な文字数と
書き方における5つのポイントについて説明しました。

復習すると
文字数のポイントは、

  • 最低800文字以上(速報系など)
  • 基本的には1200文字以上
  • 多ければ多い方がいい

書き方のポイントは、

  • 必ずユーザーの知りたい答えを用意する
  • 起承転結を意識する
  • オリジナリティを意識する
  • スピードを意識する
  • 画像や改行などの見栄えを整える

ということでした。

かなり長々と説明してきましたが、
結局大事なことはひとつだけです。

それは、
『ユーザーが満足するかどうか』
それだけです。

今回話したポイントはほとんどその為のテクニックです。
なのでそれを前提とした上で、今回のポイントを抑えていって下さい。

そうすればあなたのサイトは素晴らしいサイトになるハズです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。