トレンドアフィリエイトで記事を書くのが遅すぎる人に試してほしいこと

記事書き速く

こんにちは、ぐっきんです。

トレンドアフィリエイトでの 記事を書くスピードがどうしても上がりません。。。

という相談が僕のところには沢山寄せられてきます。

僕としては良い記事が書けるのであれば時間をかけるのも悪くないと思っているのですが、やはり副業などで時間が限られているサラリーマンの方にとっては切実な問題だと思います。

時間がかかりすぎるとモチベーションが下がってしまう原因になってしまうこともありますので、僕が提案できる時短の方法を紹介していきたいと思います。

1記事にかける時間の目安は??

今回はキーワード選定が終わっているという前提で書いていきたいと思います。

ズバリ、トレンドアフィリエイトで目標とされている記事更新スピードは 1記事40分と言われています。(中にはは30分ぐらいで書く人もいます)

多分トレンドアフィリエイトを始めたばかりの方にとっては、夢のような早さに聞こえるのではないでしょうか。

実際に超早いですよね。笑

でも頑張れば達成可能なスピードですので、 この記事を参考にして挑戦してみて下さい。

 

作業を並行に進めていく

まず記事を早く書くコツとして一番有効なのは、作業を同時並行に進めていくということです。

例えば以下のような作業は数記事分を同時並行で進めていくのがオススメです。

  • キーワード選定
  • アイキャッチ画像
  • 導入文
  • プロフィール
  • 記事本文

キーワード選定を5記事分一気にやってしまって、アイキャッチも5記事分一気に拾ってきて、というように並行してやってしまうということですね。

なぜこのやり方がいいのかというと、数記事分一気に手を付けてしまうことで、ノルマを作ってしまうという意味合いが強いです。

僕も経験があるので分かるのですが、1記事書き終わると「今日はもういいかなー」となりやすんですよね。

一息ついたままその日の作業が終わってしまうことが多々あります。笑

だからこそ数記事分一気に手をつけてしまい、それが終わるまでは今日の作業は終わりじゃないぞという状況を作ってしまうといいですね。

実際に3記事ぐらい並行して書いていくとかなり早く書き上げることができます。

 

手順

それでは実際の手順を説明していきたいと思います。

1.まずは記事数分のタブを開く(3〜5タブ)

パソコンが重くなってしまう方は3タブぐらいにしておきましょう。

 

2.タイトルを一気に張り付けていく

あらかじめキーワード選定を前の日の夜などに済ませておくと非常にスムーズですね。

 

3.アイキャッチ画像を一気に貼り付けていく

アイキャッチ画像も一気に取得して一気に貼り付けていきましょう。

 

4.導入文を一気に書いていく

アイキャッチ画像を全部貼ったら今度は導入文も全部一気に書いていきましょう。

導入分は問題提起(ユーザーが知りたいであろう疑問)と記事を読むことでのメリット(記事の中にどんなことが書いてあるのか)を大体200文字ぐらいで書くと丁度いいですね。

例えば『○○が人気俳優○○と熱愛発覚か!?』 みたいな記事があったとしたならば、以下のような形で書いていけばOKです。

○○があの超人気俳優との熱愛って本当なのでしょうか?

本当だとしたらファンからの悲鳴もすごそうですよね。

過去には他の人気俳優○○との熱愛も噂されていたようですが、その辺は一体どうなったのでしょうか?

気になる方も多いと思うのでその真相を調べてみました。

これを記事数分一気に書いてしまいましょう。

 

5.プロフィールを一気に書く

そして、大体導入文の次に来るのがプロフィールです。

こちらも導入文と同じ要領で一気に書いていきます。

記事ごとにいちいちウィキペディアを開いていたら疲れますからね。

ここまで終わって、ようやく一息ついて下さい。

しかし仮眠したりなどはやめておいた方が良いでしょう。

そのまま朝になっていたということは良くありますので。笑

また、プロフィールはある程度テンプレート化してしまうことをオススメします。

毎回人によって項目を変えていたら大変なので決めておくと楽です。

例)

名前:
本名:
生年月日:
血液型:
出身地:
学歴:
趣味:

このような感じですね。

ある程度決まったらaddQuicktagというプラグインに入れてしまうのもオススメです。

これだけでもかなり作業が効率化されます。

参考:便利過ぎるプラグインaddQuicktagの使い方と活用方法!(執筆中)

 

6.記事本文を書く

そしてここからようやく記事本文に入っていくわけですが、ここからは1記事ずつ作業して問題ないです。

さすがに本文は1記事ずつしか書けないですからね。

記事の文字数は1200文字〜2000文字ぐらいを目安にしましょう。

 

 

7.投稿

記事を投稿する前には、

  • 文章の確認
  • 文章の装飾
  • 画像の貼り付け

などをして投稿するわけですが、ここでのポイントは、

  • 画像をあまり張りすぎない
  • 文の装飾はほどほどに

ということです。

結局ここで時間をかけてもそこまで意味はありません。

なので最低限必要なところにだけ施していきましょう。

速報系の記事(スピード勝負のネタ)を書いている場合は、先に投稿してから画像や文章の装飾をするのもアリです。

以上が記事を書くスピードを劇的にアップさせる為の手順になります。

ここまでの所要時間の振り分けとしては、

  • タイトルから導入文まで (各5分)
  • 記事内容を書く (各30分)
  • 確認・投稿 (各5分)

というイメージになります。

 

情報収集のコツ

ここまでで誰もがぶつかる悩みがあります。

それは記事の内容を書くのに時間がかかってしまうということです。

これに関してはほとんどの人が同じようなミスをしています。

それは『沢山のサイトから情報を拾いすぎる』ということです。

確かに調べようと思えば記事のテーマに関する情報はいくらでも出て来ると思いますが、それだとリサーチに時間がかかりすぎてしまうし、気づいたらネットサーフィンしているのと変わらないなんてことにもなりかねません。

なので情報はいっそのこと絞ってしまった方が良いです。

僕の場合は狙っているキーワードで検索をして上位にきている3、4サイトの記事を一気に読んでしまいます

実際上位にいるサイトというのはユーザーの需要を満たしている可能性が非常に高いので、どんどん参考にしていきましょう。

そこに自分の考察や感想などを入れて書いていけばかなり良い記事になると思います。

 

まとめ

今回は記事を書く際の時短について書いてみました。

これはトレンドアフィリエイトを実践する上では非常に役に立つと思うので、現在記事を書くのに時間がかかるという方はぜひ試してみて下さい。

特に大事なことは2つです。

  • 作業は数記事分同時並行行っていく
  • 情報収集の場所を絞る

まずはこの2つだけを意識してやってみて下さい。

それだけで劇的に記事更新スピードが上がっていくはずです。  

トレンドアフィリエイトについてもっと濃い情報が知りたいという方は、メルマガの中でさらに濃い情報を発信していますので下記の画像からメルマガに登録してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。