副業やアルバイトの確定申告のやり方は?いくらから必要?

001

こんにちはぐっきんです。

今回は副業でアルバイトや、
何かのビジネスをしている人向けの記事になっています。
基本的に副収入でまとまった額を得ている人の場合は
確定申告というものが必要になってきます。

しかし「最近副業を始めたばっかりで確定申告なんて分からないよ」
という方も多いと思いますので、
今回は確定申告について出来るだけ分かりやすく書いていきたいと思います。

副業での確定申告はいくらから必要か?

まずは確定申告というものはそもそもどのくらいの副収入を得ている場合に
必要になってくるのでしょうか?

これはズバリ”20万円以上”というのが、
確定申告をしなくてはならないボーダーラインです。

※ちなみにこの20万円以上というのはあくまで年末調整をした
サラリーマンにのみ適用される規定なので、
個人事業主などは20万円以下でも確定申告が必要になります。

青色申告と白色申告の違いは?

確定申告には青色申告と白色申告があるのはご存知でしょうか?
ここでは2つの申告の違いについて説明したいと思います。
この2つの一番大きな違いは所得計算の違いにあります。

白色申告

・年間売上ー必要経費=事業所得
・帳簿作成の義務が無い

青色申告

・年間売上ー必要経費ー控除額=事業所得
・帳簿作成の義務がある

ということですね。
僕は税理士ではないので詳しい説明は割愛させていただきますね。

ざっくりまとめてしまうと、

・白色申告は簡単だけど控除は無い
・青色申告はちょっと手間がかかるけど控除がある

とざっくり覚えておけばいいと思います。
オススメはやはり手間がかかっても青色申告ですね。
どのみち帳簿というのは作っておいた方が自分の収支を把握しやすいので、
是非青色申告に挑戦してみて下さいね。

以下のサイトを参考にすると分かりやすいかなと思います。
会計ソフト de 確定申告

確定申告の具体的なやり方は?

まずは用意するものです。

・源泉徴収票(会社から支給されるもの)
・収入の明細(副業の収入明細)
・レシートや領収書(副業に関する必要経費)

とりあえずこれらがあれば確定申告は出来ます。
青色申告で申告する場合にはこれらをもとに帳簿を作成しましょう。

実際に書類を作成する場合には以下のサイトから作れますので参考にして下さい。
国税庁のホームページ

どこに出すの?

そして完成した書類は一体どこに出せばよいのでしょうか?
恥ずかしながら僕はこんな単純なことも知りませんでした。笑

これはズバリ”あなたの住んでいる地域を管轄している税務署”です。
自分の地域の管轄税務署が分からない場合は、
再び国税庁のホームページを参考にして下さい。

ここに書類を提出すれば確定申告は完了です。
ちなみに申告出来る期間は2/17〜3/17なので、
早めに準備しておくと良いと思います。

まとめ

副業の税金に関しては、僕自身もこれまでは全く勉強していなかったので
正直分からないことばかりです。

しかし税金に関してはこれからもっともっと知識を深くしておく必要が
あると思うので、これからももう少し詳しく勉強していきたいと思います。

今回はざっくりとした概要と提出のやり方について忘備録的な意味も
含めて書いてみましたが、少しでも役に立てれば幸いです。

サラリーマンが会社にバレないための方法についての記事もありますので、
副業サラリーマンの方は良かったら読んでみて下さい。
参考:サラリーマンが副業してもばれないようにする確定申告のやり方は??

なにか分からないことや疑問などがあれば気軽にメールして下さい。
税金についてはまだまだ知識不足ですが、
質問があれば全力で調べてみたいとは思っています。

お問い合わはこちら

自由になる為のメルマガ講座もやっていますので良かったら下から登録して下さい(^^)↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。