仕事を辞めたい30代男性へ贈る手紙!大丈夫、大切なことは全部自分の心が知っている

こんにちは、ぐっきんです。

僕は今30代の男性サラリーマンで今の仕事を辞めたいと思っているあなたに向けてこの手紙を書いています。

ちなみに僕は今ちょうど30歳です。

このぐらいの歳になると、人生について死ぬほど色々なことを考えます。

将来への不安。

何を変えなくちゃいけないという思い。

でも何をしていいか分からない苦悩。

僕も20代中盤ぐらいからずっとそんなことばかりを考えてきました。

多分あなたも色々と悩んで悩んでこの記事にたどり着いたのだと思います。

この記事では28歳の時に仕事を辞めて起業した僕から、たったひとつだけアドバイスをしていこうと思います。

30代で仕事を辞めたくなる理由

僕自身もそうでしたが、周りの人を見ていても、30歳前後という年齢は色々なことを本気で考え始める年齢だと思います。

まず気持ちとして一番大きいのは、

「何か決断をするなら、もうそろそろしないとヤバイかも」

という焦りの感情じゃないかと思います。

僕が実際に感じてきたことを書くと、

20代前半の頃はまだ変な余裕がありました。

「今は会社員だけど、いずれ何かのチャンスを掴んで成功してやるぜ!」

みたいな。

しかし、20代後半になっていくにつれて、

「あれ、このままじゃこの会社で一生を終えるんじゃないか…?」

という妙な不安が胸によぎってきます。ざわざわ…。

そして、会社にいる上司が未来予想図となってさらに不安を煽り立てます。

「あと30年ぐらい働いて俺もこの人達みたいになるのかな…。」

そして本格的に動き出すかどうかを考え始めます。

「もし動くとしたらそろそろ決断しなくちゃいけない気がする…」

それが、20代後半から30代ぐらいの人が抱える葛藤なんじゃないかと思います。

というか実際に僕がそうでした。

でも何をやったらいいのか分からない

動かなくちゃならないと思っても、今度は何をしていいのか分かりません。

とりあえず一番分かりやすい選択肢は転職です。

とりあえずタウンワーク的な求人誌を読み漁ったりしてみます。

でもどの仕事もなんかピンときません。

そこで今度はこんな気持ちが頭をよぎります。

「俺って本当はなにがしたいんだろう?」

この時点で迷宮入り確定です。

僕はここに完全にハマってしまったタイプです。

今となって思うのは、自分がやりたいことって実はそう簡単に見つかるものじゃないんです。

そんな簡単に見つかるのものなら誰も人生で苦労しません。

なので、「何をしたいのか?」という問いは一度横に置いておきましょう。

まずは自分の満たしたい気持ちを掘り下げてみよう

僕の場合、「何をしたいのか?」は分からなくても、それ以外に確かな思いはいくつかありました。

それは、

  • 今の会社で一生を終えるのは絶対にイヤだ
  • 会社に依存せずに経済的に自立したい
  • なんとなく自由なライフスタイルを手に入れたい
  • 家族に不自由な思いはさせたくない

というものです。

割とよくある話ではあるのですが、僕も人並みにそんな思いがありました。

でもそれはあくまで表面的な動機です。

なので、その手がかりが見つかったら今度はそこを掘り下げていきましょう。

掘り下げ方は簡単です。

それぞれの気持ちに「なぜ?」を問いかけるんです。

  • なぜ今の会社で一生を終えるのはイヤなのか?
  • なぜ会社に依存したくないのか?
  • なぜ自由なライフスタイルを手に入れたいのか?
  • なぜ家族に不自由な思いをさせたくないのか?

僕の場合であればこんな感じです。

で、そんな風に掘り下げていった結果、僕の根底にいつもあったのは、

「自信を持って生きていきたい」

という気持ちでした。

起業した一番の理由もとどのつまりはそこにあります。

正直に言ってしまえば、起業以外でこの感情を満たせるものがあったのであれば、僕はそれでも全然かまわなかったんです。

リアルにサラリーマン大家になる方法とか考えてましたからね、この頃。笑

大事なのは「何」をやるかよりも「なぜ」やるか

この記事で一番伝えたい部分はここです。

大事なのは、「何」をやるかではなく「なぜ?」やるかです。

だから僕は正直職種というのはそこまで重要と思っていません。

それよりも、自分がどんな気持ちを満たしたくてやるのかの方が遥かに重要です。

それが分かったら、あとはそれを満たしてくれそうな仕事を見つければいいんです。

僕はその中で、個人でも起業できるインターネットビジネスというものを見つけてそれをやることにしました。

別にインターネットビジネスがやりたかったわけではなく、僕の気持ちを最大限満たしてくれそうだったのがインターネットビジネスだったという感じです。

でもやっているうちにどんどん楽しくなっていったのも事実です。

僕の経験から感じるのは、「なぜ?」が満たされれば、自然とその仕事を好きになれるんじゃないかなということです。

でも「何を?」から選んでしまうと、「なぜ?」が満たされなかった時に大きな不満を残すことになったりします。

そして、僕が微妙にやっかいだと思うのは、

好きなことを仕事にする=「なぜ?」が満たされる

になるとは限らないということです。

例えば僕は麻雀が大好きなのですが、

経済的にカツカツ、家族も満足に養えない状態でそれを仕事にしても絶対に満たされないと思います。

そんな状態で自信を持って生きていくのは難しいですからね。

もちろん、

「なぜ?」の部分が「自分のやりたいことをひたすら追いかける」だとすれば、

『好きなことを仕事にする=「なぜ?」が満たされる』は成立するんです。

でも「なぜ?」の答えによっては、好きなことを優先しない方がよい場合もあるよということです。

僕の場合がまさにそうでした。

だからこそまずは”自分が本当に満たしたい思い”を確かめてみてください。

最後に

世の中の多くの人は「何を?」ばかりを考えます。

特に会社を辞めたいと思っている時は、「次に何をするか?」を探しているだけで疲れてしまうこともあるでしょう。

もしかしたら、この記事に来たあなたは、自分に合ったオススメの職業とかのアドバイスが欲しかったのかもしれません。

でもよくある適職診断サイトで悩みが解決するなら苦労しないんですよ、ホント。

厳しいようですが、そういうことは人の判断に委ねてはダメです。

自分の本当の思いがどこにあるのかを丁寧に探ることでしか、きっと納得する答えは導き出せないと思います。

楽なことではありませんが、ぜひ一度じっくり考えてみてください。

そして、あなたの本当の気持ちが満たされることを願っています。

この手紙を最後まで読んでいただきありがとうございました。

PS.

もし僕と同じで「自信を持ちたい」という思いがあるのであれば、インターネットビジネスは結構オススメです。

僕は現在そんな人達に向けてメール講座をやっていますので、興味があれば以下から詳細をご覧になってください。

誰にも雇われずに自由に生きる為の無料メール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。