職場の人間関係に疲れきった人へ贈る9つのストレス解消法

kounenki-3

こんにちは、ぐっきんです。

皆さんはこのストレス社会の中で、
ちゃんとストレス発散出来ているでしょうか?

会社員として勤めている方でストレスが全くないという人はいるんですかね?
多分いないでしょう。笑

そんな僕達の生活からは引き離せないストレスという魔物に対し、
何かしらの対抗策を練っていく必要は大いにあるのではないでしょうか。

なので今回はストレスが溜まったり、
怒りがこみ上げてきてしまった時の対処法について紹介したいと思います。

体を動かす

ストレスが溜まってるなと感じた時は、
一旦何も考えなうようにして体を動かしてみると良いです。

運動に集中することによって
日常の些細な悩み事を吹き飛ばしましょう(^^)

深呼吸する

日々のイライラが募ってきてしまった時は、
一旦落ち着いて大きく深呼吸してみましょう。
すると肩の力も抜けて気分が軽くなります。

大声で歌う

これは僕もよくやるストレス解消法です。
オススメは車の中ですね。

車が無い人はカラオケボックスに言ってヒトカラするのも良いでしょう。
とにかく熱唱してみて下さい。

思った以上にスッキリします。

とことん落ちてみる

これは誤解を招く言い方かもしれないので補足しておきますと、
『一時的に一気に落ちる』ということです。

例えば僕の場合ですと、
落ち込んだ時はあえて暗い曲を選んで落ちるだけ落ちます。
すると不思議なことにこれ以上下がないと思うとなぜか希望が湧いてくるんですよね。

なので是非やってみて下さい。
僕はこういう感じの曲を聴いたりします↓↓

その際に泣いたり出来ればなお良いのかなと思います。
素直に感情を吐き出すのもかなりストレスの発散になります。

友達や家族に話をする

自分の悩みを誰かに話すことによって、
とてもスッキリすることもあるでしょう。

ただし、あまり愚痴っぽくなってしまうと
聞かされる方もストレスが溜まってしまうので、
その辺りは注意が必要です。

おいしいものを食べる

ストレスが爆発しそうな日は
意識的においしいものを食べて気分を入れ替えましょう。

おいしい食べ物というのは、
なんだかんだ言って人の心を満たしてくれますからね。

寝る

原始的な方法ですが、
悩みやストレスで頭がゴチャゴチャになっている時は
意識的に多く睡眠を取るのも非常に効果的です。

一晩寝れば気分も変わります。
朝起きて、昨日の怒りはなんだったんだろうと思うこともあるでしょう。

お笑い番組を見る

はやり笑うというのは究極のストレス発散法ではないでしょうか。
無理やりにでも笑顔になると、不思議と怒りは消えていきます。

僕はイライラしてしまった時は
意識的にお笑い番組を見るようにしています。
もしかしたら理不尽な出来事も笑い話に変えれるかもしれませんしね。

本を読む

これも僕がよくやるストレス解消法ですね。
特に偉人の本を読むと、自分の悩みの小ささに気付かされます。

スケールが大きい人の本を読むとなお良いでしょう。
僕は桜井章一さんという麻雀打ちの人の本を愛読書にしていて
行き詰まった時はよく読んでいます。

自分の愛読書を1冊持っておくのはいいかもしれませんね。
関連記事:読書の学習効果が高いジャンルは意外に小説だったりするのか!?

まとめ

今回はストレス解消法ということを紹介しましたがいかがだったでしょうか?
ストレスというものは一見悪いイメージでしかありませんが、
人間には必要なものでもあるのかなと思います。

やはりストレスや悩みがあるからこそ
人は成長するし、技術も進化していくのだろうなと思います。

なのでストレスをなくすというよりは
うまく付き合っていくという感覚の方が良いのかもしれませんね。

企業でのストレスチェックも義務化されるということで
世の中的にもストレスというものへの意識が高まっているのかもしれませんね。
参考記事:ストレスチェックが厚生労働省により義務化!?その内容は!?

僕の場合はストレスや悩みをバネにして
自分らしく自由に豊かに生きていけるライフスタイルを提案しています。

これからの時代は自分自身で稼いでいく力というのが必ず必要になってくると思いますし、今のうちからその力をつけておくべきだと思っています。

やり方さえ知ってしまえば拍子抜けするぐらい簡単なものなので
自分の現状を変えたいと思う方は下の画像をクリックして詳細を見てみて下さい(^^)↓↓

この記事が気に入ったら
 icon-thumbs-up いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでぐっきんをフォローしよう!

 

lp3  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ