キーワードプランナーの見方と使い方!まずは検索ボリュームを把握しよう!

アドセンスブログのネタを選ぶ際に、 そもそもネタ元に注目度があるかどうかというのは非常に重要です。

いくら上位表示したとしても、それが誰も検索しないキーワードであれば、 結局はアクセスは集まりません。

その為にも、まずはメインキーワードの検索ボリュームを把握しましょう!

メインキーワードを把握する為には、キーワードプランナーが最適です。

 

2016年になってからキーワードプランナーの登録方法が多少変わったので、これから登録される方はこちらの記事を参考にしてください。

【2016年】キーワードプランナーが使えない?無料で使える登録手順を分かりやすく解説!

 

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーというのは Googleが提供している無料のツールで、キーワードごとの月間検索ボリューム数を 瞬時に調べることができる超優れものです。

ブログやサイトを運営していく上でこのツールがなかったら死んでしまうレベルで重要なツールです。

 

なぜ必要なのか?

検索需要がなければどんなにいい記事を書いてもアクセスは集められません。

なのでキーワード選定よりもなによりも先に、

「そのネタに需要はあるのか?」

という部分が大事になってきます。

しかし世の中に無数にあるキーワードを感覚値で選んでいくと大変なことになります。

そこを数値化して出してくれるのがこのキーワードプランナーなので、めちゃくちゃ重宝するというわけです。

 

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーは非常に便利なツールなのですが、初めて使う方にとっては見方や使い方が分かりづらいのが欠点です。

しかし一度覚えてしまえば非常に簡単なものなので、今回の記事を見ながら覚えていって下さい。

キーワードプランナーのサイトはこちら

 

まずはログイン

1.サイトに入ったらまずはログインして下さい。 Google AdWords  Keyword Planner

 

2.続いて以下の画像を参照し、キーワードを入力し「候補を取得」をクリック。

キーワード プランナー   Google AdWords

 

3.過去1年間の月間検索ボリュームが確認出来ます。 月間検索ボリューム

 

4.ついでに関連キーワードのボリュームも一緒に見れます。 関連ボリューム

この辺りを参考にしてキーワード選定をしていきましょう!

 

月間検索数の目安は?

ではアドセンスブログのネタとして使う場合に、どのぐらいに月間ボリュームを目安にしたら良いのでしょうか?

これはライバルとの関係もあるので一概には言えないのですが、『基本的に多ければ多いほどいい』 というのは確かです。

これはアクセスが爆発した際の上限が全く違うからです。

月間検索ボリューム1万のキーワードが爆発しても一日数千PVぐらいです。

しかし月間検索ボリュームが100万のキーワードで爆発を起こせば、1記事で10万PVというのも夢ではありません。

なので検索ボリュームは多い程いいです。

ただし、ブログ初期の頃にライバルの多いところで爆発を起こすのは かなり難しいです。

ライバルチェックのコツと勝つための6つの秘策を伝授!

しかしズラシをある程度マスターしていれば切り込んでいくことも可能です。

ずらしキーワードでアクセスアップ!鉄板のずらし方3選!

オススメの戦略として、ブログ初期のうちは月間検索ボリュームが低くても ライバルが少ないところで小爆発を狙うのもアリです。

長期的なアクセスを見込んでいきたい場合には、月間で最低5万アクセスぐらいはあるキーワードを狙うといいですね。

ある程度需要のあるキーワードが見つかった時には、エクセルやワードなどにメモしてネタ帳を作っていくのがオススメです。

 

まとめ

今回の内容をまとめてみましょう。

  • キーワードプランナーは検索ボリュームの目安
  • 検索需要は多い方が良いがライバルも多い
  • ブログ初期はニッチなネタを扱うのもアリ
  • ロングレンジキーワードではかなり重要な要素

検索ボリュームを調べるのも大事ですが、結局は月によって大きく変動するキーワードも多いです。

いわゆるトレンドキーワードというのは、ある一定の時期にアクセスが集中しますからね。

なので、キーワードプランナーはどちらかと言えば、ロングレンジキーワードを狙って行く際に重視していくといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。