アドセンスブログで記事タイトルを付ける時の6つのポイント

記事タイトルはアドセンスアフィリエイトを実践していく上で
非常に重要な要素になります。

ここをおろそかにすると、
せっかくいい記事を書いてもクリックされなくなりますので
是非極めていきましょう!

記事タイトルの重要性

アドセンスアフィリで特に重要なのが、
キーワード選定という話は色々なところで散々言っています。

しかしそのキーワード選定をフルに活かすには
記事タイトルというのが非常に重要になってきます。

せっかくバッチリのキーワード選定をしても、
記事タイトルで台無しにしてしまうことはよくあることです。

言うなれば、
『素材はいいのに調理がド下手』
みたいになってしまいます。

なので良いブログを作っていく為にも
しっかりと美しいタイトル付けを身につけていきましょう!

タイトル付けの6つのポイント

タイトル付けの際に意識するべきポイントは6つあります。

  • キーワードがきちんと含まれていること
  • メインキーワードは一番左に
  • 記号は「!」と「?」を駆使する
  • 日本語として自然であること
  • 文字数は28文字〜32文字がベスト
  • 惹きを意識すること

この6つを抑えていけば、
美しいタイトルを付けることが出来ると思います。

キーワードがきちんと含まれていること

これは初心者がやりがちなミスです。

虫眼鏡などからキーワードを拾ってくるまではいいですが、
それをそのまま使わなかったりするのです。

気をつける点は以下の3点です。

・漢字やカタカナ、英語などを勝手に変えない
・細かい言い回しを変えない
・人名はなるべくフルネームで入れる

漢字やカタカナ、漢字、英語を勝手に変えない

例)キーワード「広瀬すず」「彼氏」「誰」
✕ 広瀬すずのカレシは一体だれ?
◯ 広瀬すずの彼氏は一体誰?

初歩的なことですが一応気をつけおきましょう。

細かい言い回しを微妙に変えてしまう

例)キーワード「北川景子」「演技」「上手くなった」
✕ 北川景子の演技がどんどん上手くなっている!?
◯ 北川景子の演技がいつの間にか上手くなった件について!

これは意外とやりがちなミスなので慣れきた方も注意しましょう。

人名はなるべくフルネームで入れる

最近は予測変換という機能があるので、
苗字を入れた瞬間にフルネームが出てくることがあります。

なのでそこで引っかかるように、
人名はきちんとフルネームで入れることをオススメします。

苗字だけで検索されたとしても結局は引っかかるわけですからね。
大は小を兼ねるというやつです。

ただし、
ニックネームの方があきらかに認知されている人の場合は
そちらのニックネームを使うのはアリです。

例えば、「ねずっち」とか。(もっといい例えはありそうですがちょっと今は思い浮かびませんでした笑)

メインキーワードは一番左に

キーワードのSEOはタイトルの左にいくほど強くなります
だからメインキーワードは必ず一番左の方が良いのです。
これはタイトルSEOの基本なので覚えておいて下さい。

もうひとつのメリットとしては、
その記事が何に関する記事なのかが一目で分かるということです。

嵐の櫻井翔君について知りたいユーザーがタイトルを見た時に、
「ドラマや映画で大活躍!嵐・櫻井翔の意外な素顔!」
「嵐・櫻井翔の意外な素顔!ドラマや映画での活躍の裏側!」
という2つのタイトルがあれば間違いなく後者のほうがクリックされやすいです。

そういう意味でもメインキーワードは左の方が良いのです。

記号は「!」や「?」を駆使する

「。」とか「、」とかスペースというのはなるべく使わない方がいいです。
なぜならタイトルの抑揚がなくなるからです。

反対に「!」や「?」を駆使することによって、
非常に勢いが出ます。

やはりタイトルに勢いがある方がユーザーへの訴えかけも強いので、
そのあたりも意識してみて下さい。

例)
✕ 上戸彩がついに妊娠、子供の名前も気になる。
◯ 上戸彩がついに妊娠!?子供の名前も気になる!

日本語として自然に

ここはタイトル付けの中では最重要です。
ここを適当にやるとすぐに手動ペナルティーの餌食になります。

手動ペナルティーが襲ってきた時の対処法とは?

アドセンスブログを運営している方は
キーワードを詰め込みたい一心でここが不自然な方が多いです。

よくあるのがキーワードの羅列系タイトルです。
例)キーワード「広瀬すず」「家族」「姉」「兄」「本名」「ハーフ」
✕ 広瀬すずの本名は?家族は?姉は?兄は?ハーフって本当?
こういうのですね。

こういうのは絶対NGなので自然な日本語に変えていって下さい。
◯ 広瀬すずの本名や家族構成は?兄妹がハーフという噂の真相は!?
これで大分自然になりましたね。

このようにキーワードをきちんと盛り込みつつ、
自然な日本語でタイトルを付けるというのが
タイトル付けの醍醐味であり面白さだと思います。

文字数

文字数は検索エンジンで尻切れにならない為に意識します。

「ブラック企業ランキング」の検索結果   Yahoo 検索

Yahoo!の場合32文字までしか表示されないので、
出来れば32文字ぐらいにしていきましょう。

ただし、
実際には40文字ぐらいまではタイトルSEOとしては反映されていると思うので
絶対に32文字以内じゃないといけないわけではありません。

逆に短過ぎもよくないですね。
短すぎるとキーワードがあまり盛り込めませんので。

大事なのはそのバランスです。

惹きを意識する

これも結構重要です。

検索エンジンで多少順位が下の方でも、
惹きがうまく入っていればクリックされる可能性があります。

惹きというのはつまり、
ついついクリックしたくなるようなワードです。

例えば、
知られざる◯◯、ガチで怖すぎる◯◯、美人すぎる◯◯
みたいなのが惹きのワードです。

惹きには本当に沢山の種類がありますので、
出来るだけ引き出しを増やしておくといいです。

参考になるのは週刊誌ですね。
表紙だけでもかなり惹きのワードを使っています。
他にもテレビ番組のCMまたぎのテロップなんかも参考になりますね。

さらにもうひとつテクニックを教えちゃいますと、
具体的な数字を入れるというのもかなり有効です。

例えば、
「朝に弱い人がすぐに目覚めることが出来る3つの方法とは!?」
みたいに具体的な数字が入っているとついつい読みたくなります。

これは実はかなり使えるテクニックですので
是非今日から使ってみて下さい。

惹きのワードというのは日常の中に沢山転がっていますので、
是非アンテナを張って吸収するようにしていきましょう!

まとめ

今回はタイトル付けに関するコツを余すことなく伝授してきました。

何度もいいますが、
これらのポイントをきちんと抑えたタイトルというのは美しいです。

なのであなたも美タイトルを目指していきましょう!

アドセンスアフィリエイトは、

  • キーワード選定
  • タイトル付け
  • 記事の中身

この3つがしっかりしていれば必ず稼げます。
なのでこの3つはしっかりと極めていきましょう!

キーワード選定の基礎知識と全体像はこちら
記事の書き方のコツと必要な文字数について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。